2014年10月13日

楽しみなコンサート

今日は気温も11月中旬だそうですね、いつの間にかすっかり秋の気配。
今年には今年でしかない、秋の美しさを感じたいですね。

そんな秋の楽しみのひとつがこちら、友人のコンサートです。
IMG_3174.JPG

ご主人共々、芸大を卒業なさった後にウィーンの国立音大で更に磨きをかけたご夫妻。
ご主人様はウィーンフィルのメンバーとも親しくてオーストリアに行かれる際には
必ずメンバーのお家に泊まるという、私には雲の上のような方なのです。

そのお二人が毎年、教会でコンサートをなさるのですが、
演奏される曲の時代背景や楽器の説明など、分かりやすい解説も交えての
楽しいコンサートなのです。

“身近で気軽に質の良い音楽に触れることが出来る”…まさにお二人が愛するウィーンの魂ですね。
背伸びをせずに、でもほんの少しのおしゃれをして教会で過ごす心地よいひととき
今年もそんな秋の一日を堪能したいと思います。

続いて、こちら松戸森のホール21で行われる
「Weihnachts Konzert」 同じく小原さんのピアノによるクリスマスコンサート。
のだめファンには、楽しみな演奏もあるようです!! 勿論私も早速チケット予約をしました。

IMG_3172.JPG


実はこのチラシの写真、私がウィーンで撮った写真を採用してくださっているのです。
クリスマスシーズンのウィーンでホイリゲにワインとお食事をいただき行った時に写したものなのです。
IMG_3173.JPG

こんなに素敵になるなんて、驚いています。

裏面の背景にもクリスマスマーケットの写真を使ってくださっています。
なんとも嬉しいことです。
IMG_3175.JPG


小原さんご夫妻とは会うたびに、こうしたオーストリアの話題で何時間でも語り合える
オタク?仲間です(笑)

皆様も是非、素敵なコンサートに足をお運びください。







posted by ERIKO at 14:21| Comment(0) | お知らせ

2014年10月12日

プラバンコスチュームジュエリー セミナー アンジュ

プラバンで作るコスチュームジュエリー。セミナーが決まりました。
P1020285.JPG


P1020286.JPG

場所:アンジュさん(MIYUKIスタジオ)
日にち:12月6日

費用等詳細は決まり次第、追ってお知らせいたします。

急遽きまりましたのでセミナー日まで2か月ないので取り急ぎ日程のみの
ご案内をさせていただきます。

ご予定に組み入れていただけましたら、嬉しいです。
posted by ERIKO at 17:14| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年10月11日

ペイントクラフト デザインズVol.8 間もなく発売になります

日本ヴォーグ社さんから出版される「ペイントクラフトデザインズ Vol.8」

10月15日発売です。

今号は <クリスマス お正月 ひなまつり>です。
デザインズ8.jpg


私は「おしゃれなアドベントカレンダー」を布に描かせていただきました。
大人可愛いおしゃれなアイテムが満載です!!!

表紙にも一部が使われているので探してみてください。



posted by ERIKO at 17:31| Comment(0) | 作品掲載誌

2014年10月09日

ペイントフレンド Vol.20発売になりました

ペイントフレンドVol.20が、本日発売になりました。
tn.jpg


巻頭は大人も子供も楽しめる「クリスマス」のテーマです。
好評連載Girl's storyは人気の高い「不思議の国のアリス」の再登場です。
季節のテーマは「お正月」。
連載「Let's Try !」2回目はグリーティングで需要が高まるカリグラフィーとレタリングです。

私はこちら、ランタンにクリスマスのお花をアレンジした作品を描かせていただきました。
ドイツ・オーストリアのクリスマス時期に、お花屋さんの店頭で良くみかけたアレンジです。
P1020240.JPG

クィーンローズのStep by Stepも載せていますので ごらんになってください。

読者の皆様に、この作品を楽しんで描いていてだけましたら嬉しいです。


☆掲載作品が観られる、こちらの会場にも是非足をお運びください。

ペイントフレンドコレクション20
会期:2014年10月14日(火)〜25日(土)
    9:30〜17:30(最終日は16:00 まで)
会場:クラフトアートギャラリー 銀座ソレイユ
    東京都中央区銀座1−6−2 銀座Aビル
    TEL03-3561-6041



※編集部さんが書いてくださったコメントに、“サイドロードのテクニックでバラ、ラナンキュラス、テーデルワイスを描く” とありますが、
サイドローディングは、バラの一部に使用してあるだけで、他は全て丸筆で描く「クライネ・ブルーメン」のテクニックです。
私のお伝え不足で、申し訳ありません。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
クライネ・ブルーメンとは?
ドイツ滞在中に習得したマーレライを、オリジナルの手法に変え新しいスタイルを作成しました。

このお花のペイントを「Kleine Blumen Malerei(クライネ・ブルーメン・マーレライ)」と名付けました。

小さな花達のペイントという意味です。

略して「クライネ ブルーメン」と呼んでペインターの皆様に親しんでいただけましたらと幸いです。

決まった順序に従って描いていけば誰でも簡単に描けるペイントです。

ベース塗りがなく、シェード&ハイライトもS/Lではないので

一気にかけてしまうとても素敵で楽しいお花達です。

細い丸筆(3/0、1号等)一本で描く小さなお花達ハーモニーを存分にお楽みください。

※「マーレライ」はドイツ語で絵画、絵付け全般を意味する言葉です。
posted by ERIKO at 19:45| Comment(0) | 作品掲載誌

2014年10月05日

マーサスチュワート クラフト

サンケイさんでお取り扱いのマーサスチュワートクラフトの
シルクスクリーンにクライネ・ブルーメンをペイントしてみました。
手帳とスマホカバーをお揃いにしました。
P1020328-002.JPG



シルクスクリーンの他のデザインも注文したけれど皆品切れで、、、
バラのシルクスクリーンにお花を重ねて<パターンonパターン>のテクニックが返って素敵になりました!

P1020329-001.JPG


表紙に
@シルクスクリーンをプリントして
Aクライネブルーメンを描いて
Bカバーにもシルクスクリーンを重ねて

C仕上げにレジンをかけて
Dスワロのラインストーンを貼って
完成です。
P1020330-002.JPG

P1020331-001.JPG



アイフォン6に買い替えたいけれど、これでもう少し我慢出来そう(笑)

マーサスチュワートの絵具は発色がきれいで、パールのツヤ感が感動する綺麗さです。
もう少し他の色を買い足そうかな、、、
P1020320-001.JPG


オーチャードの皆さまは、ご希望があれば11月のお教室で体験出来ます。
お好みの手帳をご用意ください。
posted by ERIKO at 17:30| Comment(0) | 作品

2014年10月03日

プラバンアクセサリー 新作です

又、プラバンアクセサリーです。

◆今回のネックレスは、前回のかなりボリュームのあるコスチュームジュエリー風とは違って
普段使い用に少しおとなし目のデザインで作ってみました。

◆もうひとつはトゥシューズをトールで描いたバッグチャームです。

2点ともストライプリボンと組み合わせてシックに仕立てました。

P1020316.JPG


シンプルなパンジーですが2枚仕立てにして、熱いうちに成形しなければならない
花弁の柔らかさを出すのにとても苦労をしました。

写真では見えにくいかもしれないのですが色合いもパールに光る工夫をしています。

スワロフスキーは肌写りのよいスモークトパーズを選んで、釣り提げてあるエレメントは取り外しが出来るようにしました。
P1020318.JPG


トゥーシューズは、永遠の憧れを大人のシルバーブラックで描いてみました。
トールは焼成前に大きな図案で描いています。

上下のスクロールはサンケイさんでお取り扱い中の「マーサスチュワートのシルクスクリーン」を使いました。
P1020319.JPG


飾り過ぎないさりげないファッションにワンポイントで使いたいアクセサリーです。

☆濃紺のアンゴラセーターに色落ちのしていない綺麗めデニムを合わせて。
☆グレイのツィンニットに柔らかい落ち感のあるフレアスカート、足元はRepettoのフラットシューズ。
☆パリッとアイロンの効いたパープルのシャツをチノのスカートにしっかりとウエストインして。

何ていう感じでいかがでしょう。

こうしたお花やトウシューズのような甘さタップリのアイテムこそ、
Too muchにならないようにさりげなく大人なスタイルで身に着けたいですね。

これまでは100円ショップのを使っていたのですが
アンジュさんから「是非、うちのを使ってみてください」とお預かりしたので
次回はこちらで作ってみないと、です。
P1020321-001.JPG
posted by ERIKO at 19:40| Comment(2) | 作品

2014年10月01日

サンケイさん 11月のセミナーのご案内

サンケイさんで行われるセミナーのご案内をさせていただきます。

「Blue Christmas」
P1010422-001.JPG
NOELのロゴに オーストリアの国花<エーデルワイス>を描きます。
楽譜やスノーフレイクをコラージュしたブルーでコーナーを演出してみませんか?
お花のポットはキャンドルを入れても素敵ですね!


馬車を描いたプレートは、壁に飾ったり、お菓子を乗せてTeatimeに使っても良いでしょう♪
馬車はとても好きなアイテムです。
P1010418.JPG


裏面にはキャンドルの煤を使ったマーブリングをデモでお教えいたします。
クリスマスシーズン以外にもデコレーションボードとして使ったり写真を撮る際にも重宝するかと思います。
今回は盛りだくさんの簡単技法を盛り込んでありますので、初心者の方もお気軽にご参加ください。

P1010503.JPG

ご参加をお待ちしております。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
日時: 11月28日(金)10:00 〜 16:00
会場: ソレイユ銀座店本校
受講料:¥6, 480円(税込)
テーブルマット(425-02558)
Noelロゴサイン(425-01527)
ハート穴小物ポット(ガラス入り)(390-057)
お問い合わせ、お申込みはこちらまで
http://www.sun-k.co.jp/seminar/9301/







posted by ERIKO at 13:16| Comment(0) | セミナーのご案内

美しい後ろ姿

昨日の朝、アンジュさんのセミナーに向かう途中、落合の駅でお手洗いを使用しました。

お掃除中だったので「使用できますか?」と聞いたところ「どうぞ、どうぞお使いください」と

親切に答えて下さったのは、きちんとお化粧をした品の良いお掃除のおばさん。

心を込めてお掃除をしているのが伝わってくる後ろ姿です。

私 「古い駅なのに丁寧にお掃除をして下さっているので、気持ち良く使わせていただけました。ありがとうございました」

おばさん 「ありがとうございます。どうぞお気をつけて行ってらっしゃい」

良い1日の始まりでした。私はこのおばさんにこそ、エレガンスを感じ、人生の小さな学びをいただいたのでした。
4f97f96c6c518237416eff8fdbebccb7.jpg

photo by pinterest
posted by ERIKO at 12:49| Comment(0) | シンプルに美しく…

2014年09月20日

プラバンコスチュームジュエリー 自宅セミナー

昨日、ご案内しました自宅セミナーは定員となりましたので、募集を終了させていただきます。

お申込みいただきました皆様、ありがとうございます。

ご一緒に素敵なアクセサリー作りが出来ますように、一生懸命にご指導させていただきます。

どうぞ楽しみになさってください。
posted by ERIKO at 09:52| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年09月19日

プラバンアクセサリー自宅セミナー

先日ご案内しましたプラバンで作るコスチュームジュエリーの準備が着々と進み型紙も完成しました。

トールの絵具、トールの技法を使ったテクニックをお教えいたします。

P1020292.JPG


私は先日、歌舞伎鑑賞にも付けていきました。
これからのシーズン、パーティや、少し早いですがお正月のお出かけなどにも活躍してくれることと思います。

アクセサリー材料のお店やリボンのお店などをいくつか回って揃えていくのですが、これがトールの準備とは又違う、なかなか楽しい作業なのです。

P1020310.JPG


お店の定員さんにも「プラバンだなんて信じられない!! 素敵ですね〜」とおっしゃって褒めていただきました。

そこで、折角ご自分で作るアクセサリーなのだから

“なるべく個性を出してさしあげたい!”
“沢山の人がしていないアクセサリーにしましょう〜!!” と考えて

ひとつの石だけ、お好きなスワロを選んでいただくことにしました。

P1020312-001.JPG


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ほぼ満席なのですが、10月23日のみ一名、お席が空いております。

ご都合が着くようでしたら是非ご参加ください。お待ちしております。
(トールの先生もお申込みいただいております)

コーディネイトの提案、お申込み詳細など、こちらをごらんください。
http://orchard-house.sblo.jp/article/103282773.html





posted by ERIKO at 17:50| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年09月06日

プラバンで作るコスチュームジュエリー 自宅セミナー

先日見ていただきましたプラバンのリボンネックレスが、とても評判が良くて「作りたい」とのお声を
沢山いただきましたので、急遽セミナーを行う事になりました。

と言っても、細かく丁寧な手仕事ですし、お手伝いもして差し上げたいので
ごく少人数制の自宅セミナーとします。

<ミステリアスシルバーのリボンネックレス>

P1020292.JPG


クリスマス、ニューイヤーシーズンに活躍してくれるとてもおしゃれなネックレス☆
「自分で作ったのよ。それもあのプラバンで!」と言ったらお友達が
ビックリなさると思います。

☆グレイッシュピンクのセーターやウールのコートと合わせたら素敵!
☆黒のシンプルなワンピースに・・・
☆ウィンターブルーのツインニットに・・・
☆ベージュのブラウスにブラックのタイトスカート・・・
☆シルクのアイボリーのブラウスにペンストライプのメンズライクなパンツとも相性が良さそう〜♪
☆コーヒーブラウンのジャケットなんかも良いですねぇ

ということで下記をご覧になってください。

日時:@10月7日(火)10時〜16時
   A10月23日(木)10時〜16時
   B12月4日(木)10時〜16時
定員:各日5名
場所:自宅(千葉県松戸市)
受講料:¥6000(税なしです)
材料費:¥2500
    (事前に各自で¥100均一ショップのプラバンを購入していただき簡単な下準備が必要となります)
パーツ組み立て加工費:¥500
※プラバンのお花が仕上がったら即つなげられるように、こちらで事前にビーズ他のパーツを組み立ていたし ます。
※ご自分で組み立てをなさる場合は加工費は不要ですので、お申し出ください。
 
P1020289.JPG


お申込み順に受付をさせていただきますので、
・ご希望の方は日にち(@〜B)
・お名前
・連絡先(携帯又はご自宅の電話)番号
をご記入になって下記のアドレスからお申込みください。


トールペイントのテクニックを少しだけ取り入れていますが、トールの経験のない方でも
出来ますので、是非ご参加ください。
posted by ERIKO at 13:31| Comment(3) | セミナーのご案内

2014年09月05日

花子さんの面影を追って甲府へ

朝ドラ、終盤にさしかかりましたね。

原作「アンのゆりかご」を2度読み、銀座教文館の「村岡花子展」も観て
どうしても甲府にも行ってみたくなり、昨日、生徒さんと二人で花子さんの面影を追って甲府に行ってきました。

5歳で東京にお引越しなさったのだから、あまり“面影”は期待しないほうが、、、
と言いつつもあずさ5号に乗って、遠足気分ではしゃぐ私達。
IMG_3053.JPG


駅校内の観光案内で<花子の過ごしたまち>というそれらしいチラシをもらって
ワクワク♪ さて街歩き開始。途中で花子さんとツーショット!?
IMG_3055-001.JPG


パンフレットにある市役所の展示コーナーは、たいした事がなくがっかり・・・

それよりも、古い建物好きの私たちは思わず県議事堂へと足が向いて。
IMG_3056.JPG


ガードマンさんの許可を得て中へ・・・
アールデコ様式の
階段と
IMG_3057.JPG


天井の照明の意匠
IMG_3058.JPG

大理石の壁を触ったりしてニヤついた変なおばさん二人でした(笑)
やはり古い洋風建築は、魅力があります。

この建物の脇では大規模な保存の為の工事がなされていて、それには感動しました。
古い貴重な建築物を大切に保存し、且つ活かして欲しいものです。



駅の反対側にある藤村記念館。
IMG_3060.JPG

明治期の花子さんが育った甲府の街には、こうした擬洋風建築が沢山建っていたのが
ほとんどが空襲で破壊されてしまったのだそうです。
とてももったいないです。見てみたかったですね。

そうした街並みが<甲州夢小路>として再現されて
ちょっとした観光とお買い物や、お食事が楽しめるようになっています。
IMG_3066.JPG

IMG_3069.JPG

IMG_3067.JPG


夕方になってライトアップされた<夢小路>
IMG_3105.JPG


IMG_3109.JPG


花子さんが先生として過ごした山梨英和女学校
IMG_3078.JPG


学校の近くにある大正6年創業のワイナリー。
IMG_3072.JPG

地下のワインセラーは貸切で見る事が出来なくてとても残念でした!
IMG_3076.JPG


花子さんが洗礼を受けた日本基督教団の教会も立ち寄ってみたのですが
「結局、やっぱりあまり花子さんの面影は残ってないわね〜」と言いながら
最後に山梨NHKへ。

様々な展示に心がときめきます。
IMG_3094.JPG


テンションが上がったところで花子さんと、又2ショット!!(笑)
IMG_3079.JPG


こんな光景、とても好きなシーンでした。
IMG_3096.JPG


花子さんが着けたおリボン。明治の女学生になってみたいですね〜
IMG_3090.JPG


修和女学校の見取り図。
IMG_3095.JPG


冒頭シーンで飛んでいく麦わら帽子
IMG_3089.JPG


英治さんからいただいた愛用の辞書(花子さんご自身のではなくて撮影で使われたものです)と
「Anne of Greengables」
IMG_3093.JPG


英治さんが描いた挿絵。本当の当時の本のように見えるから凄いですよね。
IMG_3092.JPG



ここからは撮影シーンの写真展示を私が携帯で写したものです。
実際のセットは韮崎にあるそうです。
※フェイスブックで「良いね」をくださった皆様、もしかしたらこの現場に実際を見たのだと
思っていらしたらごめんなさい。
IMG_3086.JPG


学校の図書室
IMG_3087.JPG


寮のお部屋
IMG_3088.JPG


「NHKは一番面白かったかも〜(笑・笑!!!)」ということで
気を良くしてこんな楽しいこともしてみました。
IMG_3100.JPG

IMG_3102.JPG


帰りのあずさを待ちながら駅ホームで食べた *信玄餅アイス* そのままアイスになったという感じで
これは最高に美味しかったです。
IMG_3111.JPG



村岡花子さんが訳した本は、赤毛のアンばかりではなくて、子育てをしたお母さんなら
きっとどれかしらを手に取ってお子さんに読み聞かせとしたのではないかと思います。
IMG_3099.JPG

これだけではなくて、まだまだ他にも、沢山あります。
家庭で読む良書が無かった時代に、それを懸命に作った花子さん。
その功績は偉大ですね。
私達も、知らない内に、どこかしらで彼女のお世話になっているという事ですものね。

※舞鶴城の城跡も見たし、県立美術館でミレーの「種まく人」も観たんですよ。
 日帰りで一日たっぷりと遊んだ私達でした。





























posted by ERIKO at 20:45| Comment(2) | 日記

2014年09月03日

プラバンでアクセサリー コスチュームジュエリー風

先日のプラバンアクセサリーに引き続き、第2作品目、今度はシルバーグレイトーンで
作ってみました。

今回もお花は「クライネ・ブルーメン」のお花を立体に仕立てています。

ドイツ・バンベルクのリトグラフに置いて写真を撮ってみました。

P1020292.JPG


クリスマスからニューイヤーシーズンにかけて活躍してくれそうな大人っぽいイメージに仕上がりました。

初めは “ブラックで作りたい” と思ったのですが、シルバー〜グレイトーンの方が合わせるお洋服の幅も広いですし、

ブラックよりもおしゃれではないかしらと、仕上がりに満足しています。

ニッパやペンチを使って組み立てていく作業は、不慣れな私にはとても難しかったですが、
大分慣れて上手になってきました。

P1020289.JPG



☆グレイッシュピンクのセーターやウールのコートと合わせたら素敵!☆

☆黒のシンプルなワンピースに・・・

☆ウィンターブルーのツインニットに・・・

☆ベージュのブラウスにブラックのタイトスカート・・・

☆シルクのアイボリーのブラウスにペンストライプのメンズライクなパンツとも相性が良さそう〜♪

☆コーヒーブラウンのジャケットなんかも良いですねぇぇ



なんて、イメージは限りなく広がりますが・・・どれも持っていない、、、(涙)
第一タイトスカートは似合わない(というより履けない)
パンツも足が短いし・・・(笑)

でもおしゃれはイメージするだけでも十分楽しい♪

それにしても、プラバンがクラフトの域を超えて、ここまでおしゃれに楽しめるとは
20年前に我が子たちが遊んでいたころは、想像もつかなかったですねぇ。


posted by ERIKO at 14:30| Comment(0) | 作品

2014年08月28日

Summer Lunch

「Summer Lunch」生徒さん達と、いつもお世話になっている行きつけの一軒家レストランで。
10631375_937926496234597_1008633774_o.jpg


オードブル
10654112_937891956238051_1981495877_n.jpg


一昨年いただいて美味しくて忘れられないお味だった甘くておいしいコーンの冷製スープをリクエスト。
10622155_937889116238335_1193365356_n.jpg



私は三浦のお魚三種のバジルソースをいただきました。
10647626_937895396237707_397284253_n.jpg


デザート。桃のグラタン、ラズベリーソースで。
10647865_937907572903156_2008569218_n.jpg



今日は貸切だったので、とても落ち着いて4時間近くもゆっくりとお食事をさせていただきました。

「まだいらして結構ですよ、どうぞごゆっくり」と言っていただきましたが、さすがにこれ以上は…と失礼しました(^_^;)
10614569_937922916234955_304021730_o.jpg


最近は新しいお店を探すより、こうして行き慣れたレストランで気のおけないお仲間同士で過ごす時間を
とても大切に感じます。

何より特別に美味しいですし。
posted by ERIKO at 18:28| Comment(0) | お教室

2014年08月25日

プラバンでアクセサリー コスチュームジュエリー風に…

ようやく暑さも遠のく気配で、間もなくおしゃれを楽しみたい季節が訪れますね。

このところ、プラバンが楽しくて新作を作ってみました。
初めての時には殆ど本の型紙を使って作りましたが、今回はオリジナルで作ってみました。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
リボンネックレスにして長さが調節できるように。

リボンはこれからの季節を意識してビロードを使用。

色はこのところ、ここから離れられないくらいに好きな「ティファニーブルー」っぽく。

ペインターらしく(笑)プラバンにもペイントを施して。

P1020285.JPG


コスチュームジュエリーのような感じが出ましたでしょうか?



クライネブルーメンのお花達です。

真ん中はラッフルローズ・その両サイドがコロンバイン・端はワイルドローズ。

P1020286.JPG


3年前にオーストリア・インスブルックの郊外にある「スワロフスキーミュージアム」を訪れたときに買って

使い道がないまま、とってあったスワロもようやく出番がきました。

☆黒のタートルにブルーのウールのスカート♪

☆アイロンの効いたパリッとした白いシャツの襟もとに、ボトムは履きなれたジーンズで♪

☆ノースリーブのシンプルなブラックのワンピースに着けてオペラ鑑賞に♫♪

なんて、コーディネートもイメージして楽しんでみました。








posted by ERIKO at 17:19| Comment(0) | 作品

2014年08月23日

「トールペイントで描くウエディング&Welcomeボード」発売になりました

ブティック社より 新刊発売になりました。

レディブティックシリーズ3833
「トールペイントで描くウエディング&Welcomeボード」
ウェルカムボード・ウェディングボードなど、家、お店、お教室などいろいろなシーンに使えるデザイン集。複数のペインターによるトールペインティングだけでなくチョークアートなど多様な作風のボードなども掲載。

私もクライネ・ブルーメンで2作品を描かせていだいております。
素材は2点ともサンケイさんがご提供くださいました。

「Welcome to our Wedding」
欧米では“Something Blue"といって 花嫁さんの身に着ける物を全て純白にしないでどこかにブルーを使うと幸せになれるいう言い伝えがあります。
ウエディングボードは身に着ける物とは違いますが、そうした意味を込めてブルーで描いてみました。
お二人のイニシャルを モノグラムにデザインしてさりげなく添えて。
P1020045.JPG


赤ちゃんのお誕生の喜びを生涯大切に記録しておく最高のお祝いになる事と思います。
昨年“孫っち”が生まれたときには既にプレゼントしてしまったので、
これは2枚目になるけれど我が家に置いても良いかと思って実際の孫っちの名前と
生年月日、身長、体重を入れてで描いてみました。
「Sweet little Angel」
P1020049.JPG

男の子なら、グリーンとパープルで描いてみたいですね。


posted by ERIKO at 13:13| Comment(0) | お知らせ

2014年08月16日

プラバンアクセサリー

7月に生徒さん達と“大人の手芸クラブ”でチャンルー風ブレスレット
楽しんだ後、この1か月くらいすっかりプラバンにはまっていました。


“プラバンが流行ってる”と聞いても、昔子供たちが遊んだあれ、
としか思いつかなかったのが
本屋さんの店頭で偶然目に飛び込んできたのがこの本。

P1020282.JPG


あのカチッとした板に仕上がるのではなくて立体を提案されているのです。
材料は100均で簡単に買えるので、早速いろいろと試してみました。

着色はこの本では油性マジックや、色鉛筆を使っていますが、
油性マジックを何色も買いそろえなくても、いつものアクリル絵の具では?
と試したら、とても良く色が乗るのです。
トールの技法のS/Lなんて、得意だし(笑)このテクも使える。

最初はほぼ本通りに、孫っち用にヘアピンを。
お花はトールの絵具、リボンのほうは色鉛筆です。
IMG_3011.JPG


次に掲載作品をアレンジして自分用に涼しげなブルーのピアス。
P1020281.JPG


すずらんのピアス。これはちょっと立体を作るのが難しかったので形が変。
でも着けてしまえばわからない。
P1020274.JPG


本にはパンジーのピアスで載っていたけれど、大きいピアスはチビの私にはピアスが歩いているみたいになってしまうので、指輪にしてみました。
これも色鉛筆です。
IMG_3012.JPG


私とは反対に大きめピアスが好きな娘にも作ってみました。
本のをアレンジして、アールヌーボー風に仕上がったと自己満足。
でも、殆どアクセサリーを作ったことがないのでワイヤーワークや、パーツの組み立てがとってもとっても下手です(泣)
これはちょっと修業が必要ですね。
IMG_3009.JPG


これも本のアレンジで、今年風の大きめリボンネックレス。
これから秋〜冬にグレーのタートルにオフホワイトのウールのフレアースカートなんていう
コーディネイトにこのネックレスを合わせたら素敵かな・・・?
なんてこのスカート持ってないけれど。
IMG_3013.JPG


ひとまず、オーチャードハウスの生徒さん、9月第4木曜日の午後に、いつもの“手芸クラブ”で
楽しみましょう♪
勿論、費用はいつも通り材料費のみです。※本に掲載されているものをお教えするのですから(笑)

ここまで作って来て、楽しくてまだまだ熱は冷めやらず。
この後本にはないオリジナルを「クライネ・ブルーメン」で作ってみたいとあれこれと
思案中です。上手く行ったらこちらにUPしますね。












posted by ERIKO at 12:30| Comment(0) | 作品

2014年08月11日

クライネ・ブルーメン新作です

鬼さん、好きなだけ笑ってください。
来年のセミナー用に作品を描きました。来年の春頃?かな・・・?

まだタイトルは決まっていないので、“タイトル募集”しようかしら・・・?
どなたかコピーライターのセンスのある方いらっしゃいませんか、、、

“チェアに座って一人静かに…ご自分を愛する時間を大切にしてください”
何ていう意味を込めて描きました。
P1020266-001.JPG


ライラックカラー〜ソフトパープルでまとめてみました。
新しいお花にダリアが加わりました。
P1020254.JPG

posted by ERIKO at 19:18| Comment(2) | 作品

2014年08月10日

晴れ時々手抜き?ドイツ流?

週末のお食事、ドイツ流を真似て我が家でも良くこんなスタイルをします。

IMG_2988.JPG


・美味しいパンは、各自で好きなだけカットしていただくようにカッターボードに乗せて
 ドイツで買ったオールドジャーマンナイフを添える
・ハム、チーズ、スモークサーモンなどなど、その日その日で適当に並べる
・この日は、“火を使わないお料理”のはずが少しだけ、お野菜たっぷりいただきたかったので
 ラタトゥイユを 
 でも時間のある時に作っておいて冷蔵庫で冷たくしておけば、お夕食時には出すだけ
 これも各自で好きなだけ器に盛っていただく 
お野菜は、時にサラダになったりカットしただけのお野菜だったり、とこんな感じです。

ドイツでは、お夕飯は“冷たいお食事”(Kaltes Essenというそうです)が主流だそうで

娘の家でもこのスタイルか、ともかく夜は簡単なお食事にしているようです。

“夕食は活動はしないで後は寝るだけなので軽い方が健康に良い”とドイツ人は考えているようで
これはこれで中々合理的ですよね。

それに主婦は手抜きが出来るのでありがたい〜〜!!!

※でも私がお邪魔しているとき、あるいは日本に来た時には、ちゃんとお料理をしてあげると、
娘もドイツ人のお婿さんもちゃんと食べるんですけどね。

ドイツ流シンプルなライフスタイルは、憧れでもあり、目標でもあります。
表面的なかたちではなくて、むしろ生き方そのものの根本から変えられるものなのです。
私にとっての、そのお手本は、沖幸子さん です。
何冊も本を読みました。時々読み返しては反省をして、もう一度目標を定めて、のくり返し。

門倉多仁亜さんも、同様なことを書いてらっしゃいます。
きっとドイツ人の暮らしの基本は変わらないのでしょうね。
IMG_3003.JPG


娘夫婦に「こういう本をお手本にしているのよ。ドイツ人って皆、お掃除お片付け上手なんでしょう〜?」と
訊ねたところ、娘は横でニヤニヤしながら彼をつついて「…だって?!」
お婿さんは、そっぽを向いて苦笑い。。。でした(笑)




posted by ERIKO at 17:10| Comment(0) | 日記

2014年08月05日

アンジュさん 9月セミナー

大切なご案内をすっかり忘れていました! 大変大変。。。
もう後1か月余りだというのに、、、ちょっと焦ってます(冷汗)

気を取り直して・・・9月のアンジュさんでのセミナーです。


<Welcomeリース>
お玄関がさわやかだと、そのご家庭の幸せな雰囲気が感じられますよね。

そんなお掃除の行き届いた清潔なお玄関にリースを飾って一層の心地良さを添えてみませんか?

P1010336.JPG



IMG_1155-001.JPG
IMG_1156-001.JPG



日時:9月30日(火) 10時〜16時
場所:アンジュ東中野本店 03−5337−5791
受講費:¥6,000+税
材料費:¥3,000+税
アンジュさんのHP: http://www.ange-pro.co.jp/seminar/seminar_higashinakano.html

既にお申し込みを受け付けております。アンジュさんまでご連絡下さい。

そんなわけで、ご案内が遅れてしまいましたが、ご都合をつけていらしていただけましたら嬉しいです。
いえ〜、是非他のご予定をキャンセルしても(>_<) いらしてくださいね〜〜☆
皆様のご参加を心よりお待ちいたしております

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
このお花のペイントを「Kleine Blumen Malerei(クライネ・ブルーメン・マーレライ)」と名付けました。
小さな花達のペイントという意味です。
略して「クライネ ブルーメン」と呼んでペインターの皆様に親しんでいただけましたらと幸いです。
決まった順序に従って描いていけば誰でも簡単に描けるペイントです。
ベース塗りがなく、シェード&ハイライトもS/Lではないので
一気にかけてしまうとても素敵なお花達です。
細い丸筆(3/0、1号等)一本で描く小さなお花達ハーモニーを存分にお楽みください。
※マーレライはドイツ語で絵画、絵付け等の意味です。




posted by ERIKO at 12:48| Comment(0) | セミナーのご案内