2008年04月29日

おしゃれの事…素敵な女性

そろそろ衣替えの季節ですね〜!!
私は数週間前にクロゼットとタンスの中を大整理いたしましたヨ♪
これで、季節物の入れ替えナシに!!(と言ってもそうたいしたお洋服の数ではないのですが)
すっきりさっぱり☆ や〜っぱり♪お片付けは気持ちが良いです♪

  IMGP2213.jpg
写真はホームセンターにある引き出し式のケース。
たたんでもOKなセーターやカットソー、パンツ類を入れました。
(多分これはどこのご家庭も普通ですね)

  IMGP2214.jpg
そしてこれは、スカーフ。例のファスナー式のケース、中味がすぐ分かるようにメッシュタイプに入れました。

  IMGP2215.jpg
こちらは、クロゼットの隙間につっぱり棒を貼ってベルト掛けに。

他は、ブラウス、スカート、ジャケットやコートの上着類と分けて
ハンガーにかけてあります。

元来おしゃれは大好きなのですが、整理をしてみて大きな発見!!
全部のお洋服を一度にを見ることが出来るようにしておくと素晴らしいメリットがあり!なのです。
(ホント、たいした数ではないので可能なのかもしれないですが、、、)

そう!!服選びが一層楽しくなったのですよ〜♪
そうなると
持っているお洋服の組み合わせの数が増える→余分なお買い物をしなくなる。
という経済効果がありなのです(世の中の経済には役に立てないですね)

おしゃれと言えば、最近こんなことをつくづくと感じています。
昨年の秋の作品展に叔母がお友達と一緒に見に来てくれたのですが
そのお友達のおしゃれがとても素敵で今もしっかりと目に焼き付いています。
ショールカラーのベージュのコート、
襟元にちらっと見える綺麗なピンクのタートルのセーターに真珠のネックレス。
決して流行のファッションでもなく一見とてもさり気ないのですが
良く似合っていて何か光っているのです。
ご自分に似合うものを良くわきまえていらっしゃるという感じでしょうか。

「一緒に来てくれた、おばちゃんのお友達のコートとっても素敵だったわね〜」
「え??あのコート??あれ、彼女がOL時代から着ているものよ!」
(という事はもうたぶん、、30〜40年くらい前のもの?)
「彼女ね、ホントにおしゃれ上手で時々お母様のワンピースにささっとベルトを締めて着てきたりするのよ〜。
それが又全然古くなくて良く似合っているの」

なんて素敵な事なんでしょう!!
私の叔母の昔の職場の友人のお母様(ややこしい)のお洋服としたら・・・
いったい何年前のもの?想像がつかないですが・・・
たぶん素材も仕立ても良いものなのでしょう。
それを大切に着続ける姿勢に脱帽です。

聞けば、その方はお父様といい、ご主人さまといい、
とてもハイソなご家庭環境でいらっしゃるようで。。。
そういえばほんの短い時間の静かに話される会話の中に知性がにじみ出ていましたもの。
という事は本当のおしゃれは知性?なのかもしれない!
(う、、、どうしよう、、、ダメだ〜〜>>>私にはないぞ〜〜)

流行を追って楽しむおしゃれ、それも若いうちは良いでしょう。
そして全然似合わない失敗もしたり、そんな中から似合う物を見つけて。
でも大人の女性になったら(中高年ではないですよ〜)もうこれは卒業。
“ファッション=流行”を追うのはやめて、
自分の“スタイル”を身につけて行きたいものですわ。
とファッション誌大好きな自分に言い聞かせてます!

この後しばし、叔母とこのお友達の事でメールのやりとりとしました。
“私達ね、孫と家族の話しかしないおばあさんにはなりたくないわよね〜!
と言って、一緒に海外旅行をしたり音楽を聴いたり美術館に行ったり、お勉強したりしてるのよ”
この叔母はいつも私の少し先を歩いていて教わること多しの子供の頃からの憧れの叔母なのです。
某航空会社のOL時代はファッションも丁度バービーちゃんのようだったんですよ☆




posted by ERIKO at 12:05| Comment(6) | シンプルに美しく…

2007年12月23日

美しきイヴを・・・

IMGP1826.JPG

大切な心の友から クリスマスのカードが届きました。
装飾過多なクリスマスカードではないところが彼女らしい。
裏面は厳かに喜びを分かち合う言葉が綴られています。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
人の子として来て下さった光なる主
又 今年も共に その誕生をお祝いできますことを感謝します
できたこと できなかったこと
その どちらにも恵みがあると信じて
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
彼女の美しいメッセージが心に響いたのでご紹介させていただきました。

そう・・・
色々と計画があっても叶わなかったこと
おもいがけないことで中断しなければならなくなってしまったこと
体力のなさがブレーキをかけたこと
それらを思い起こすとがっかりしたり、悲しくなったりしますが
このカードの言葉でどんなに励まされたことでしょう。

明日はクリスマス・イヴ
皆様の上に、かみさまの限りないご愛が降り注ぎますように
お祈りいたします。


posted by ERIKO at 17:06| Comment(4) | シンプルに美しく…

2007年09月30日

花壇リフォーム完成〜!

IMGP1562.jpg夏から始まっていた工事が2週間ほど前に全て完了しました。




IMGP1567.jpgグリーンコーディネーターが吟味して下さった植栽を涼しくなるのを待って植えて完成。

春になる頃にはクリスマスローズが咲きます。色は咲いてからのお楽しみ♪
さらにサプライズは「この中にムスカリとスノードロップの球根が植えてありますが、どこから出てくるかは春になってからのお楽しみということで秘密にさせて下さい」
というのが素敵ではないですか・・・?

素晴らしい感性をお持ちの若い女性のデザイナーが私の好みを存分に聞いてデザインしてくれた花壇。
本当にささやかなスペース、ここに
ウィーンの建築、ウイーン郊外の住宅のお庭、このイメージを
それはそれは丁寧に調べて、
我が家の駐車場の片隅にある花壇に再現しくれました。
ヨーロッパのシックな落ち着きと華やかさが出て、充分すぎる程に
満足しています。

立ったままの姿勢で作業が出来る高さが腰痛持ちの私には最適です
IMGP1568.jpg
下には薪ストーヴ用の薪が入ります



「シンプルに美しく」・・・
大きなお庭がない、大きな花壇は忙しくて手に負えない。
けれども、少しは植物を育てたり愛でたりして楽しみたい。
お隣との堺の壁を見事な花壇に変身させてくれました。
思いの全てを叶えてくれたMa'am Gardenに感謝でいっぱいです。










posted by ERIKO at 17:59| Comment(3) | シンプルに美しく…

2007年09月03日

リフォームその後…

駐車場端の花壇リフォームはこんな感じに進んでいます。

IMGP1540.jpg

「バーベキューするの?!」って?
いえいえ、これから中央の上の部分に土が入ってグリーンとお花が
両脇にはコニファーが、くる予定です。
中央の下の空間・・・?
ここはストーヴ用の薪を置くスペースです。
本当は、緑を沢山植えておくのがよいのでしょうが、
管理する時間と体力がなくて。(なんて言い訳)

中央部分くらいが、私には丁度良いです。
少しは、土とお花、緑も楽しみたいですしね。
posted by ERIKO at 21:22| Comment(2) | シンプルに美しく…

2007年08月29日

リフォーム進行形

IMGP1491.jpg我が家の駐車場スペースの隅にある5bほどの小さな花壇。
奥行きは120p(くらいかな?)。
こんな小さな花壇なのに、どうにも私の手に負えなくなってしまいました。
※工事が決まってから放ったらかしだったので、
 ちょっとお恥ずかしいのですが、これが工事直前の写真
 (しばらく前はもう少しましでしたわーい(嬉しい顔)
そもそも、後ろに見える垣根の“槇の木”…
これがどうもちょっと…好きではない。伸びるのが早くてお手入れも大変(主人の仕事ですが)
そして花壇はたかが120p×5bといっても、
全部をいつも綺麗な花でというのは大変なこと!ちっ(怒った顔)
そこで、宿根草を中心植えてはみたものの、
各季節ごとに合った美しい花を咲かせる、
などとというのは相当の時間を掛けないと無理時計
それに腰痛がお友達の私には、ずっと腰をかがめて作業をする
なんていうのは腰痛さんと、更に仲良しになってしまう

そこで・・思い切ってリフォームをする事に手(チョキ)
思い立ったのが1年ほど前。
地元のエクステリアの業者さんを探したのですが
どうもセンスがいまひとつ・・・
小さなスペースだからこそ、素敵にしたいぴかぴか(新しい)
ただの壁にしてしまうのでは、やはり寂しい。
少しはガーデニングも楽しみたいかわいい
家には薪ストーヴがあるのですが、
その薪を置くスペースもなんとかならないかしら・・・
などなど、希望はいっぱい。
そんな私を主人は横目で見て
“こんなわがままな希望を聞いてくれる業者さんなんて
在るわけないよパンチ”と思っていたに違いないのです。


ところが、見つかったのですひらめき
マームガーデンという業者さんなのですが、まずネットで見てセンスが気いって、早速主人と出かけて見ることに・・・
ネットで見た以上にセンス、会社の雰囲気、イメージが良くて
ここでお願いする事に決めました。

あれこれとデザイナーさんと相談して、決めていくのですが
まず、このデザイナーさんの気持ちのこめかたに感動です。
私のHPから、オーストリアが好きな事を知って下さって
それからは、それはそれは丹念に
ウィーン、ウィーン郊外、ザルツブルク・・・オーストリアの建築から町並みや、お庭などを調べて、デザインをして下さいました。

IMGP1495.jpgそうして出来てきたプランニングがこれ!
ちょっと〜、小さな小さな依頼なのにこんなに立派な計画書?
で、中を見てびっくり! 
IMGP1496.jpgおおまかに打ち合わせした以上のsurpriseです黒ハート
シンプルにシンメトリー。それでいて、華やかさがあって…
想像していた以上でした。

IMGP1493.jpgそして、3日前から作業が始まりました。
暑い中毎日職人さんがまじめに頑張ってくれていますあせあせ(飛び散る汗)
毎日少しずつ出来上がっていくのを楽しみに眺めています。

posted by ERIKO at 09:53| Comment(4) | シンプルに美しく…

2007年07月25日

おかたずけ その2

久しぶりにお片付けのお話しぴかぴか(新しい)
しばらく前に「要らない物は処分する、買わない」というお話しをしました。
では、必需品のこまごましたものは、どうしたら良いの?
私の”いい加減、適当お片付け”のひとつをご紹介します。

◆定位置を決めない◆
ええ〜〜!!決まった場所にしまうのが、定番・基本でしょうexclamation&question
そうなんです。
では、細かく引き出しの中の定位置を決めてしまうとしましょう
そうする新しい物が、来たときにその場所を空けなければいけないですよね。
ある日、思い立って
「筆記用具・消しゴム・セロテープ…、これでよし!
バッチリ、きれいになったわ〜」と
事務用品を引き出しに整理したとします。
その後、使うのはあなただけ? ではないでしょうパンチ
お子さんが、ご主人が、使った後に元に戻さないと
「せっかく細かくこんなに綺麗に整理したのに〜〜」ちっ(怒った顔)
とイライラ。
これでは、意味がないわけです。

そこで、私のはこれ(あまり美しい画像でなくてごめんなさい)

okatazuke.jpg

100均のファスナー付きのビニールケース。
ここに
糊・ボンド・・・
セロテープ・両面テープ・・・
クリップ類
メージャー類
切手・はがき・・・
筆記用具類
メモ用紙・付箋・・・・
というようにしておおざっぱに分けて、こうしてバスケットの中に
ポンッるんるんと放りこむ。
そして、ここにお部屋に合った素敵なクロスを掛けて棚に置く。
これだけですひらめき

これだと、家族も必ず元に戻してくれます。
それは簡単だから手(チョキ)
そして、ビニールケースが上へ下へとなっても、
ごちゃごちゃにはならないので、探しやすいでしょう?

私は、お薬箱もキッチン小物も他にも色々とこの方法で整理しています。
試して見て下さい。
きっと、他の物の整理にも応用できると思いますよ。
posted by ERIKO at 17:15| Comment(5) | シンプルに美しく…

2007年06月26日

マナーを身につける・・・?

IMGP1381.jpg
「ちょっとイキな国際感覚」
著者の小塩節先生はドイツ文学者で、
フェリス女学院の理事長でいらっしゃいます。
他にも国際的な多くのお顔をお持ちです。
私はNHKの講座や紀行番組で拝見しただけで
面識も何もありませんが、
先生のご著書を繰り返し読ませていただいています。
私などが語るには、とてもおこがましいのですが
内容はとても深いものです。

この本は、1990年の発行なのですが、
最近手に入れてじっくりと読み楽しんでいます眼鏡
17年前に書かれているので、
まだヨーロッパがEUになる前だたったり
日本の現状等も今とは多少違う面もありますが
その根底にあるものは、
全く今も変わることのない新鮮な「感覚」です。

国際的な場に出ても恥ずかしくないマナー?
外国の方をお招きする為に身につけるテーブルマナー?
フィニッシングスクール等でこうした事をお勉強する事が
若いお嬢さん達の間で流行っているようですが・・・

この本は、表面的なことではなくて
もっと本質的な事を教えてくれます。
“人間としての美しい品のある生き方”は
マナー以前であって、
時代を超えて世界共通であることを教えてくれ、
又、反省もさせられる事多しです。

名もない田舎のおばあちゃんの生き様にある凛とした美しさ、
お金では買えない喜びをかみしめる事が出来る幸せ、
ゆとりある生き方から生まれる品格、
本当の淑女の立ち居振る舞い
などなど・・・
私などが一言では語れない多くの事を
教えてくれる素晴らしいご本ですぴかぴか(新しい)

それを読むだけで、終わっては意味ないのですが・・・ふらふら






posted by ERIKO at 16:53| Comment(4) | シンプルに美しく…

2007年06月03日

おかたずけ

お忙しいのにどうしていつもかたずいているの…?」
我が家にいらっしゃる方々から聞かれる嬉しいお褒めの言葉です。
私なりの簡単な方法と考え方をすこしずつ、
ここで紹介してみようかと思います。

と言ってもカリスマ主婦のように
隅々まで、寸分違わずきち〜んと片付いているとうのでも
引き出しの隅までというような
徹底した丸秘テクがあるわけでもなくひらめき
雑誌で紹介されるようなエレガントなインテリアに満ちた
お部屋でもありませんので、あしからず・・・パンチ
なので、あまり胸を張ってご紹介するという程でもないのですが…
そこそこ、いつ誰が来ても見苦しくない程度・・・
つまり、適当・簡単・今流行のプチおかたずけ、という事にしておきましょうか?

ではでは、まず要らないものの整理=捨てるコツから
捨てることから始めないと
いつまでたってもかたずかないですからね。

「なかなか捨てられなくて…」という声をよく耳にします。
これには“考え方を変えること”しかないです
要らない物を見極めるのが、難しい!!目
確かに そうなんですexclamation
では、ひとつの基準を自分に設けたらどうでしょう?

「これには大切な思い出がこもっているかどうか」勿論思い出も様々です。
例えば一頃流行って部屋に飾りたくてどこで買ったのかも
覚えていない程度の雑貨類・・・
これはもうさっさと処分します
(フリマ・バザー・捨てるのどれかの方法で)
そうすると、次からはこうしたものは買わなくなります。

不要なもの=ゴミ=ゴミと一緒に暮らしている=なんとなく気持ちも汚れている気がしてくる=整理しなければ〜!!となる
この公式を持つと良いです。

そして思い出のこもっているもの。
これはそう簡単には捨てられないので
これは、一度出してみてはしまって…を繰り返しているうちに
どの程度の大切さかが、自分でも分かってきます。
心の整理にもなるかも・・・?(昔の恋人?もうやだ〜(悲しい顔)

さぁて、そんな私もあら辺りを見回したらちらかっているあせあせ(飛び散る汗)
おかたずけしなくては!

何か、もっとこんな方法が良いわよ〜というお声がありましたら
是非、コメントでご紹介下さいませ。


a-rudeco.jpg

写真は、ウィーンのアウガルテン磁器工房で写したアールデコの時代のデザインの食器です。
シンプルなフォルム・不要な飾りを省いた美しさが際だっています



posted by ERIKO at 17:31| Comment(4) | シンプルに美しく…