2009年06月06日

トールに出会って

先日の↓写真のセミナーにご参加下さったK子さん。
       na5478.jpg
その後、こんな事をおっしゃっていました。
「楽しかったわ〜♪ 描き終えてしまうのがもったいないくらい」

お子さんが小さいときに始めたトールペイント、
そのお子さんも今は社会人になられて、一人の時間が増えた分、
ちょっぴり寂しい時もあるのだそうです。
そんな時、ご主人の帰りを待ちながら筆を持つ時間が今は楽しくてしょうがないとおっしゃるのです。

このK子さんの言葉は、決して私のセミナー作品を描かれたから、という事ではなくて
長年トールをしてこられた多くのペインターさんも共通の感覚ではないかと思うのです。

更にK子さんは、こんな事も・・・
「一時期は、もうトールは止ようかなぁ…。以前ほど楽しくなくなってしまった。
という時期もあったけれど、今はつくづく続けてきて良かったって思うのよ。
色々な悩みや辛い事がある時でもトールをしていると時間を忘れて没頭出来るの。
そして出来上がった時の充実感は、他の事では味わえないもの」

K子さんのお言葉、私もかみしめてみました。
本当にその通りだと感じています。

実は、私も“もうトール辞めたいな”と思った時期がありました。
描くこと、デザインをすること、作品に表現することは好きなはずなのに、です。

それは・・・
*後から走ってくる人に追い越されるような切迫感というか焦り
*もう私の作品は、時代遅れなのかな〜?必要とされなくなったのかな?と寂しく感じるとき
*色々なトールのイベントがあっても、その賑やかなペースにはついて行けない自分
等々・・・です。

でもね、一時の“もう止めようかな”と思った気持ちは、今は全くなくなりました。
K子さんのお言葉と同様の声を他の生徒さん達からも良く耳にするのです。
「何でも“簡単に簡単”にという風潮の今の時代だからこそ
手を掛けて時間を掛けて描いたトール作品は、本当に愛おしい」

以前、私が作品に向かう姿勢は、今思えば恥ずかしいことに
とても奢っていた事もあったかもしれません。
編集部からの意向に沿わせなければならない事も度々ありました。
締め切りに間に合わせる為に大あわてで描いた事もありました。

今、ある目的(何度も思わせぶりな言い方でスミマセン〜(^_^;)嫌らしいですよね?!)に向けて
本当にひとつひとつ思いを込めて描いています。
<トール楽しんでいます>
ちょこっと簡単に描いて終わってしまう作品ではなくて
描いている時間のゆったりしたちょっと“優雅な自分”を楽しめる作品。
そんな作品を手がけています。


昨日のお教室の後、皆さんとちょっとおでかけをした車の中の会話で
「お教室に来ると本当に楽しいわね♪ 色々な方の作品が見られて。色違いで描いた作品がとても素敵でワクワクするし、
皆さんと会っておしゃべりをするのも楽しい。」
「そうそう、一人で本を見ながら描くのとは又全然違う時間なのよね〜」
そう言っていただくと、私も本当に嬉しい☆
きっと、これは私の生徒さんだけでなくて、
それぞれの先生のお教室に通ってトールを楽しむ方の共通の気持ちだと思うのです。
(もしかしたら、この“ワクワク感”は、お高いエステ以上の効果をもたらしているのではないかしら?と思いますヨ!)


お教室は、先生が主役でもなくて、立派な作品が主役なのでもなくて
こうしてそこで出会った生徒さん同士が主役なのですよね〜!!

今日は、トールへの思いを今一度改めて感じたことを書いてみました。
長くなったので、この辺でやめておきますが
数日中に“ある目的”発表しますね(たいした大袈裟な事でもないのですが)


posted by ERIKO at 17:18| Comment(8) | ささやき

2009年05月24日

Rose Painterの気持ち

薔薇を描くのが好き…
なぜなら描いているだけで心が優しくなれるから。
      RIMG0279.JPG
来年のある目的に向けて、毎日薔薇を描いています。
心優しくなれてるかしら…?

薔薇愛好家のお宅に生まれたら幸せだったかもしれないのに
       RIMG0238.JPG
あまり知識もなくて、上手に育ててあげられなくてゴメンネ。

それでも健気に咲いてくれて
      RIMG0249.JPG
ありがとう

ミスティパープルさん、その名の通り幻想の世界に誘ってくれますね。
RIMG0245.JPG
息子からの昨年のクリスマスプレゼント。
きっと“お母さんはちょっと変わったのが好きだから”と選んだのでしょう。
優しい息子の思いも感じて幸せです。

白という色の持つ魅力、清楚で気品があって凛として…
      RIMG0401.jpg
なのに、いつも上手に咲かせてあげられなくてごめんなさいね。
土のせい?今年はやっと顔を見せてくれましたね。

小さな鉢植えだったのが4mくらいになりました。
可愛らしい小雪ちゃん、あなたはここが気に入ってくれたのね
      nmew.jpg
数年前の展示会の時に講師会の方が送って下さった思い出のある薔薇です。
講師会の皆様、こんなに元気に育ってますよ〜。その節はありがとうございました。

あなたは我が家に来てもう8年目。
「これが一番初心者向きです」京成バラ園の方の言葉に乗って我が家にやってきましたね。
       RIMG0396.JPG       
お引っ越しも一緒にしたしね。

優しい顔をして、実は我が家では一番の元気者
「大丈夫、そんなに神経質に育てなくても咲いてみせるから!!」
      RIMG0395.JPG
ありがとう。あなたを見てると元気が出てくるわ。
今年も秋まで咲いてね。

薔薇と仲良しさんでいてくれる小さなお花達
      RIMG0399.JPG

恋しい恋しい私の憧れ、私の永遠の片思いの国=オーストリアの国花☆エーデルワイス☆
       RIMG0400.JPG  
ようこそ、私の小さな花壇へ。どうか元気に育っていつも私をかの国へいざなって下さいね。

もう何年になるかしら?すくすくと育ってくれているゼラニウム「ロロ」
沢山の生徒さんのところに子供達がお嫁に行きましたね〜。
皆さん、ちゃんと根が着いて芽が出たかしら?

       RIMG0393.JPG 
深みのあるワインカラーが一緒に生けた薔薇を引き立ててくれる
控えめでいて存在感のある、大人な存在。

“お庭”とは呼べない小さな花壇なのに一生懸命に咲いてくれて本当にありがとう。
       RIMG0413.JPG  
華やかな子も恥ずかしがり屋さんも、みんなそれぞれが役割を持って私を楽しませてくれます。

「Rose Painter」自分をこんな風に呼ぶのはおこがましいですが
薔薇をひとつ描く毎に幸せを感じ、筆を運ぶ事に喜びを感じます。
薔薇愛好家の方が、丹誠込めてお花を咲かせるように
私も一輪一輪を大切に咲かせる思いで薔薇を描きたいと思うのです。

薔薇にもひとつひとつ思い出があるようにRose Paintにも思い出を添えていきたい。
沢山じゃなくても良い、時間をかけてゆっくりと丁寧に描くこと。
その時間には必ず思い出が伴うはずだから。







     


posted by ERIKO at 14:23| Comment(8) | ささやき

2007年02月18日

ゴスペルソング

今日は礼拝に行ってきました。毎週ここから私の1週間が始まりますぴかぴか(新しい)
今日は礼拝で歌ったゴスペルソングカラオケをご紹介したいと思います。
辛いとき、悲しい時に励まされる歌詞です。
メロディーもとても美しいのですが、どうにもここでは、ご紹介出来なくて残念バッド(下向き矢印)

      <みつばさのかげに>
1 嵐の激しいときも、み翼のかげならば、
  すべてのこと主にゆだね、平安に満たされる。
  (↓おりかえし)
    いかなるときにも、みつばさのかげに、
    守られ安らかに主とともに過ごす。

2 悲しみ深いときにも、みつばさの陰ならば
  こころの傷 主はいやしなぐさめに満たされる。

3 試み激しいときも、みつばさの陰ならば
  罪のちから主は砕き、喜びに満たされる。

嬉しい事や、楽しい事に紛れて見えなくなっている悲しいこと、
これを心に貯めておいてはいけないのよね
楽しい事を見つけて、ごまかしてもだめよね?
ときどき、自分の心を見つめて、
今、自分の中にはどんな気持ちがあるのかな?って点検をしないとね
ごまかさないで、見つめてみると
案外要らない思いを持ち続けていたりするの
その思い・・・捨てることも出来ないとき
それをかみさまのもとに持っていくのよ
そうすると、この歌詞のように
喜び・平安・なぐさめで、いっぱいに返して下さる

200702181153001.jpg
春の訪れを歌っているような今日の礼拝の時のフラワーアレンジです。
posted by ERIKO at 14:48| Comment(0) | ささやき

2007年01月28日

あなたは誰・・・?

IMGP1033.jpgIMGP0912.jpg
今日のあなたは いったい誰なの・・・?
雑誌で見た新しいお店にお出かけするあなた
Netで話題の情報を検索するあなた
おいしいと評判のレストランを知らないと話題に遅れるとあせるあなた

本当のあなたはどこにいるの?
あなたの中に あなた自身の中に
神様は沢山の“素敵”を用意してくれているのに・・・

あなたのお気に入りの場所にじっと座って
自分一人の為においしいコーヒーを淹れて
そっと自分の心の声に耳を傾けてごらん
ほら、聞こえてくるでしょう・・・?
あなたの心にささやく声が

あなたはあなた
神様は 
あなただけのための大切な何かをプレゼントしてくれたはずよ

笑顔が素敵なあなた・・・
優しい言葉がお似合いのあなた・・・
人の哀しみに一緒に涙するあなた・・・

沢山の“素敵に見えること”に振り回されて
疲れ切ってしまう前に・・・
さぁ この辺でちょこっと一休みしましょうよ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


写真は、生徒さんの作品です
いつもおしゃれで、センス抜群のNさん
ツィードバッグ3点にチャーミングペイントをあしらいました
誰も持っていない素敵なバッグに変身しました。
チェーンの肩掛けポーチは「ママ、これ欲しい〜」ということで
お嬢さんに“もっていかれてしまった”そうです。
でも、ママのペイントをそんな風に気に入ってもらえてママも嬉しそうでした
posted by ERIKO at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ささやき