2014年06月08日

グランド・ブタペスト・ホテル

6日に公開となった映画「グランド・ブタペスト・ホテル」を観てきました。

0.png


アールデコの美しい内装にはため息が出ます。

4.png


東欧辺りの架空の国のホテルを舞台にしているという、この映画。

東欧の香りたっぷりで、BGMもそれっぽく色もヨーロッパの洗練された色とは違う
カラフルさが楽しい画面でした。

10.png


でも、色合いの可愛いスィーツやピンクのホテルなだけに “可愛い〜!!” を期待して観に行くと

単なる可愛いとはちょっと違うのでがっかりするかもしれないですね。

ミステリーですし、殺人事件がベースにあるのですから。


俳優の表情も画面構成も、ストーリー展開も人物の相関関係も独特の世界が展開されて、

ある種、シュールな面も感じられたり。でも、それがまた面白いのでした。


どこまでも、シンメトリーな方形の画面を意識してみると

額縁から覗いているようで面白くもあり四角ばかりには、ちょっと気持ちが疲れる面もあります。



ヨーロッパ、アメリカで大絶賛との評価を得ているようですが、日本ではどうかなぁ、、、?

日本人好みではないかもしれない、とは私の感じ方ですが。

9.png


ともあれ、一風変わった世界を楽しめるので、見る価値ありかと思います。


posted by ERIKO at 20:34| Comment(2) | 映画のこと
この記事へのコメント
ピンクのホテル、、、
先生の新しい作品かと思いました!
こんな可愛いホテルで 殺人事件ですか・・・

Posted by milky at 2014年06月10日 21:09
milkyちゃん
そうそう、可愛いんですよ〜、ホテルもお菓子も!
なのに、刑務所も出てくるんですよ。
ちょっとドキッとする一見怖いシーンも
この映画の独特のユーモラスなタッチで
描いて行くんです。

コンシェルジュお仕事の舞台裏も楽しめますよ。
Posted by ERIKO at 2014年06月11日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: