2014年04月06日

イースター作品を飾りました

4月20日が今年のイースター、イエスキリストの復活の感謝と喜びを覚える季節です。

卵は「復活と命の象徴」 うさぎは多産ということで、やはり「いのち」を象徴して

ヨーロッパでは、この季節は街中どこでも、たまごとうさぎのディスプレイを目にします。

玄関に飾ってみました。こんな感じにとてもシンプルな飾り方になりました。

ウィーンの蚤の市で買った銀婚式を祝うという大きめのシルバーカップ、

バンベルクのホテルの窓から見つけた雑貨屋さんで買った、背中に卵を背負ったウサギさん。

思い出を一緒に飾ります。

P1010444-001.JPG

卵の文字は E・A・S・T・E・R です。

家の中は清潔で居たいので、出来るだけほこりがたまらにように、そしてお掃除が楽なように、

トール作品は飾る場所を2〜3か所に決めて、季節や、その時々で、変えるようにしています。


posted by ERIKO at 08:41| Comment(0) | お家とトールペイントと…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: