2013年05月19日

美味しいもの色々

上海旅行記、帰国してから1か月近くにもなるというのに、ダラダラと未だ続けています。

で、今日はお食事、スイーツの事をあれこれと書いてみます。

基本的に何をいただいても、日本人の私たちの口には良く合って、どれも美味しいです。

では、TeaTimeから・・・
マンゴーチーズケーキとバラのミルクティー
薔薇は本当にバラが入っていてほんのり甘い。
お味というよりは 綺麗なピンク色と香りを楽しむという感じです。
45gfbv.JPG


中国茶はさわやかな若い香りで、たいがいポットで出されて
お席を立つまでお店の方が何倍でも注ぎ足しに来てくれます。
364erdf.JPG


お花のハーブティ、何種類ものお花とハーブがブレンドされています。
中国のお茶の文化は素晴らしい物がありますね。
きっと奥が深いのだと思います。
本当に良くお茶をいただく国民性だと感じました。
trhbgfv.JPG


バラのアイスコーヒー。やはり美味しいというよりは、香りが素敵でした。
決して不味くはないです。
rthgfbv.JPG


つい最近、日本ではお店が撤退してしまったハーゲンダッツ。
上海のお店では、こんなゴージャスなメニューがありました。
「Wein」ウィーン。
バイオリンとドナウの漣に浮かぶ船?をイメージしてあるのではないかしら?
egyh5.JPG

ふと、思ったのですが、このデザインもアールデコっぽいナ、と・・・
(ウィーンもアールデコデザインの宝庫ですから)

そして、お食事。
開店以来、待つ人の行列が絶えたことがないという、焼き小龍包のお店。
焼いてある皮のカリカリと中味のジューシーが絶妙で、並んでも食べたくなるのも無理はない。
bf cv.JPG

でも食べ終わりそうになると、後ろで次の人が席を立つのを待っているという状況でいただかなければいけないので落ち着いて食べてはいられないのです。

スパイシーなマトンのお料理。
grdvf4.JPG


ワンタンの皮のような物にお肉を包んで豆の入ったソースのかかった前菜。
rtgezfd.JPG


全中国角煮コンテストで一位を取ったというお店の角煮。
お皿の下にキャンドルウォーマーが置かれていて、最後までアツアツ。
一位の風格あるお味堪能しました。
grfdvc65.JPG


上と同じお店のメニュー。餅米入りナツメのシロップ炒め。
87tygh.JPG


ラーメンが食べたいと言って夫が食べた麺。ちょっと味が濃い。
45trgf.JPG


ご飯の上にお肉が乗ってさらに朴葉(?)でくるんで蒸したお料理。
これも味が濃かった〜
yerdf.JPG


お夕飯はデパ地下で食材を買って、娘の家で作っていました。
デパ地下、お高いです。
どこのスーパーなら、食の安全が信用できるのか旅人の私にはわからないので
安心なデパ地下へいくことになる。
日本で普通のお夕飯4人分の食材をスーパーで買うの倍近くした気がします。
だから決して物価は安くなく、良い物はとっても高い、安い物はとても安い、なのかな?


日本食、ドイツ料理・・・いろいろと作りました。
コリアンダー(パクチー)は嫌いな人が多い、ハーブ。
でも、私は大好き。中国の方も良く使うのかな?これはとてもお安い。
cjgnh6.JPG




posted by ERIKO at 16:00| Comment(0) | 上海旅行記2013
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: