2013年05月11日

上海アールデコ探訪 その3

以前西洋美術史を勉強した時の資料にアールデコがあったのを思い出して
引っ張り出して、もう一度読んでみました。
sdfrwe.JPG

とても奥が深い!
建築、内装、家具やインテリア小物、香水瓶やファッション、宝石やアクセサリー、ポスター、芸術ではバレエまで・・・
流行は短い期間であったにもかかわらず、実にさまざまな分野に影響を及ぼしているのは
驚くほどです。
日本では目黒の旧朝香の宮邸(東京都庭園美術館)が、アールデコで造られていますね。

ドイツのダルムシュタット「マチルダの丘」を訪れたときに見た様式を思い出して共通点を
見つけるのも面白いものがあります。


さて・・・又上海に戻って。

外白渡橋という橋の向こうに見える建物、遠目にしっかりとアールデコが分かります。
fb cv.JPG


これは裏外灘とも呼ばれる通りにある建物。
rgfdvc.JPG


柱のような装飾の付きだしたてっぺんを見てください。
“鋭角的な幾何学性”が特徴とは言っても
“何もここまでとんがらせなくてもね〜、なんだかツンツンしていて美しいとは思えないけど”
とは個人的感想。
RIMG0519.JPG


日本のTASKIが入ってる建物。
お兄さん怖い顔して立っているので(この固い表情までアールデコ?笑)
恐る恐る写真撮りました。
redvf.JPG


元はYWCAとして使われていたようです。
若いお嬢さんたちがモダンガールスタイルで出入りしていたのでしょうか・・・
fb cv.JPG

日本で言う“モガ”はアールデコ時代のファッションですよね。
あのボブスタイルの髪型も、まさにそのものですね。

このビル近くでみると窓もとてもモダンで素敵です。
regdvfxc.JPG




posted by ERIKO at 19:21| Comment(0) | 上海旅行記2013
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: