2013年05月08日

上海のアールデコ探訪 その1

行く前のブログでも少し触れたのですが

雑誌『FIGARO voyage』に
「アールデコ建築が完璧な姿で残っているのは、ここだけ!」
と書かれていましたので、

是非、これは探してみなければ、と思って街歩きのテーマのひとつにしたのでした。

端から脈略もなく並べてみますので、建築好きの方はご覧になってみてください。

先ずは外灘のあたり、川沿いに沿って立派な建物群が立ち並んでいます。
この辺りはごみも落ちていないし、本当にきれいで素敵です。
645tr.JPG


河の向こう、浦東地区は超近代的なビル群。
この対照がなかなか他では無い光景で面白なぁ、と思いました。
sdrwe.JPG


外灘の立派な建物は、銀行が多いようです。
石のレリーフが中洋折衷で面白いです。
t54364.JPG


奥に見える花びらが開いたような建物はアールデコですね。
手前の時計台の横の建物も。
4rwefs.JPG



アールヌーボーならもっと曲線のオンパレードなのが
アールデコは半円だったり直線的だったり、洗練されていますね。
243re.JPG


ter756.JPG


ROLEXのお店の入ったビルの窓の装飾。
直線的だけれども、どこか植物や自然のモチーフが使われているところが
アールヌーボーの流れを受けていますね。
trsy654.JPG


と、こんな感じで一人勝手な感想を書いてみようと思いますので、しばらくお付き合いください
posted by ERIKO at 22:12| Comment(0) | 上海旅行記2013
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: