2013年02月04日

2月の作品展示

家の中の数か所だけを“飾る場所”ということにしてみました。
トール作品と、少しのお気に入りの雑貨をアレンジして、毎月季節感を楽しんでみようかと思うのですが
(続くかな〜??)

昨年末来、片付けとお掃除を大切にするようになって、
つくづく “家というのは、何より清潔感がいのちだわ〜” と感じ始めています。

なぜなら 家は、家族が暮らすことが一番の目的ですから。
だからお掃除が楽に出来るようにしておきたいと思うのです。

私も家を素敵に飾るのが好きでした。
でも、どうしても飾り物には埃がたまりやすいのですよね。

かと言って、あまりに殺風景にオフィスのような感じも嫌ですし…

以前は、一度に持っているものを全部とは言えないまでも沢山飾っていました。
そこで、これからはあれもこれもを出してしまわないで、しまっておいて少しづつ飾ることにしました。

今月はバレンタインにちなんで、作品と小物をピンクでまとめました。
54tre-001.jpg


まだ雪の残るオーストリアのシェルディングを描いたトールに、DEMELの箱と
DEMELのチョコのレプリカです。
オーストリア好きなので、飾りもどうしてもオーストリア関連になります。
でも、これだとテイストがまとまりやすいです。

真っ白い貴族の人はオペラ「薔薇の騎士」のオクタヴィアンです。
ちゃんと銀色の薔薇を手にしているAugarten磁器工房の物、私の “特別!” です。




靴箱の上。やはりピンクでまとめて…
4teruy-001.jpg

プレゼントにいただいたHerendのお靴と、やはりAugartenの チョコレートドリンク用の
小さなCupです。

こうすることで返って、大切にしている小物達も活きてくる気がします。
いつか、又、ヨーロッパに行くときには、ここに飾る事をイメージした、
お買い物がしたくなってきました。



posted by ERIKO at 14:32| Comment(0) | シンプルに美しく…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: