2012年12月22日

思い出捨てます!!

長いこと夫が丹念に撮りためた家族のビデオ。
当時はVHSの重い大きなビデオカメラを肩に担いで撮影していました。
長女の誕生から始まって、第2子の長男が生まれ・・・
いつの間にか26本もの記録になっていました。
syrthgf.JPG

途中VHSが無くなるので、ベータに焼き直し、カメラを変えて8oタイプに。
良く撮ってくれたものです。

しかし、今となっては・・・かさばる、痛みも気になる(少しカビが生え始めた)
まだ再生機はあっても、まずビデオデッキを立ち上げる事はない。

ので、夫に「DVDにダビングして」と頼むことが何度も(自分でできない情けなさ故)。
この繰り返しは夫婦不和の元を作る「わかってるよ〜。ゆっくり取り組んでいる時間がないんだよ」
お互いイライラ。。。

そうしたら、ネットで調べると意外に安価で請け負ってくれる業者が沢山あるのですね。
そこで早速、ビデオテープを送ってほぼ2週間くらいで出来上がってきました。
terhghbn.JPG

26枚、すっきりとこれだけに納まりました。
すっきり、さっぱり、イライラも解消して何とも良い気分。

今年娘の結婚に際して、これをプレゼントするべく、我が家でDVDからDVDへダビング。
これは私でも簡単に1日もあればできてしまいます。

そしてさらに <ここは私がとてもガンバッテ偉かった?ところ>
1枚1枚を見ながらすべての内容を確認して、年代と子供たちのそれぞれの年齢に合わせて
その年々にあった出来事を一覧表にまとめました。達成感〜!!
rt534tyh.JPG

これで「吹奏楽部公演」「御岳渓谷ハイキング」「手づかみでパスタ!」(家族だけが分かるタイトル)・・・と見たいシーンをすぐに探せるようにしました。

“うん、これはやっぱり私エライ!”と自画自賛しておこうっと(笑)

「家族で過ごした日々」とタイトルをつけたら、「過ごした」とした
過去形が何だか妙に寂しくなってしまって・・・

“あ、でも家族が一人増えたことだし(娘のダンナさん)これからは「第2楽章」始まりと思えば良いのよね。”
と気持ちを切り替えたこの年末です。

夫は今年の娘の結婚式から、又新たなデジタルビデオを購入して撮影を始めました。

そして私は、一番上の写真のビデオテープを思い切って捨てました。


posted by ERIKO at 11:03| Comment(0) | シンプルに美しく…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: