2012年04月14日

ドイツ旅行の続きです

バンベルク、前回(’11.5)前々回(’10.3)と似たような写真ばかりなので“飽きちゃったわ〜〜”という方は、どうぞ目をつむっていて?くださいネ〜〜
でも時々目を開けてみてね!

やはりこれを載せないと、バンベルクの中心的観光スポットですものね。
旧市庁舎です
380924hg.JPG


3e932.JPG


r32432.JPG


市庁舎のアーチから見える旧市街。朝7時にはまだ人影もなく・・・
r309ewq.JPG


小ベニス地区は今回7日間宿泊したアパートメントのある一角。
urq23.JPG


そのアパートメントの部屋のドア。もう一か月前のことになるので懐かしい。
325weq.JPG


これ思い当たる方、いません??!!
 映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のロケに使われた場所です。
CG駆使していたから別物になっていたけれど。
rw8rw.JPG


東山魁夷画伯の絵と同じ場所で写してみました。
rt0-ew.JPG

修復中でちょっと残念。

向こうに見えるドームは娘が結婚式をした「聖シュテファン教会」
kldfj854.JPG


娘の結婚沿言えば・・・父親はこういう時に何もすることがないらしく、
アパートメントの部屋での着替えやメークの時は、むしろ“邪魔”なくらいなので
部屋を出て一人で何をしていたのかと思えば、
立ったままボールペンで絵を描いていたらしい。
ewr8w0.JPG

想像するとなんだか、寂しい姿・・・?

これは、上から3枚目の旧市庁舎の写真の建物らしい、、、
ew923.JPG

でも、意外に良く描けてると思いません??!




バンベルクの屋根。いかにもドイツらしいですよね?何十年も変わらずこれを保つというところもドイツ。
ewrew0r.JPG


ということでやはりさすがは街中が世界遺産!どこを歩いても隅々まで素晴らしいです。

でもね、これだけだとガイドブックみたいでつまらないでしょ?!
少し中心を外れて住宅街をお散歩するのも、これまた楽しいのです〜♪
昨年2週間の滞在で歩きに歩いたので、もう地図は全く要らないですし。

あら?あの玄関先のフックのような物は何・・・?
433uidsy.JPG


あぁ、、、なるほど!!
i4r230.JPG

新聞屋さんがこれに挟む様子が目に浮かびますね。

という具合に、明日からはもう少しガイドブックから外れて、街歩きを楽しんだ写真を見てください。
目をつむっていた人も、お目目を開けて〜〜






posted by ERIKO at 17:45| Comment(4) | 2012.3春直前のドイツから
この記事へのコメント
素敵な町並みでお目目しっかり開けて見せていただきました。
旅情を誘われます。
ご主人微笑ましいです(失礼)文字がまた温かみがあって先生のお優しい理解者なんだろうと想像できました。
最後の新聞はさんでいる金属は「泥除け」ですか?
Posted by kazumi at 2012年04月14日 22:16
ヨーロッパの建物っていいですね。 大好きです。
旅行といったら、アメリカよりヨーロッパを選びますね。

ご主人さま、寂しそうな? でも、なかなかお上手ですね。

また、次を楽しみに待ってます。
Posted by はな at 2012年04月15日 09:28
kazumiさん
目を見開いていてくださったんですね〜〜
ありがとうございます!!

新聞を挟んでいるのは多分、新聞受け?と思われますが・・・
そうっか、、確かに泥除けにも使えますよね。フムフム、、、
でもこの街はほとんど石畳で土の道が無かったような気もするんですよねぇぇ。

今度、この街で育った婿(って呼ぶのかな?)に聞いてみます。
Posted by ERIKO at 2012年04月16日 19:54
はなさん
アメリカは行ったことがないのですが、私もヨーロッパの街並みが好きです。
と言ってもヨーロッパでも限られた国しか行ったことないですが。
Posted by ERIKO at 2012年04月16日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: