2011年09月29日

「僕たちは世界を変えることが出来ない」

ドイツから帰って数本の映画をみたものの心に残る“これ”といった作品に出会えず
少々フラストレーションが溜まっていたところでした。

ようやく久しぶりに感動する映画を観ることが出来ました!
向井理さん初主演「僕たちは世界を変えることが出来ない」
9823uiy.jpg

監督はあの深作欽二氏のご子息、深作健太さん。

4人の大学生がカンボジアに学校を建てるという実話に基づいたStory.
ごく普通の今時の若者4人が軽い乗りで、乗ってしまったカンボジアの学校建設。
けれど、ポルポトの独裁の爪痕や貧困という現実を目の当たりにして心を重くする彼ら、
やがて、それを乗り越えて実現に向かう彼ら、
そうした姿にスクリーンの前で一緒にうなだれたり目を見開いたり、
とその度に共感と感動の両方を味わいました。
※夫と観にいったのですが、時には二人ともポップコーンをつまむ手が止まりましたよ(笑)

恥ずかしながらポルポト政権下のカンボジアで何があったのかを良く知らない私に
この映画では内情を見せてくれました。
向井理さん始め4人の俳優さんが現地に足を踏み入れ、
現地を見、ガイドさんから当時の話を聴いたりした時の反応は
演技ではなくて彼らの生の反応なのでしょう。

監督さんの演出であるのにドキュメンタリーな部分があり、
現実を知った重さと、けれども爽やかに、明るく前を向くすべを教えてくれ、
そして色々な事をちゃんと考える事を示唆してもくれます。
観終えた後のすがすがしさは、まだ続いています。
ひとつの映画で色々な味を味会うことの出来る素晴らしい作品だと思います。
これはご覧になられたら、きっと心に残る事と思います。

既にご覧になった方がいらしたら感想をお聞きしたいです。




posted by ERIKO at 22:05| Comment(0) | 映画のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: