2011年07月18日

ブレーメンBremen

土日に娘に付き合ってもらってドイツ北部のブレーメンに行ってきました。
娘と一緒だと電車が遅れてもアナウンスが分かるから不安でないし、
お店に入っても何事も、ともかく私は頼りきっていられるので、気楽なのです。

ブレーメンに行って音楽士になろうと4匹の動物が目指した街、実は途中で行くのをやめて仲良く楽しく暮らした、というあのブレーメンです

大きくて立派な駅舎はかつての繁栄をしのばせます
4tew.JPG


港町、と行っても海からは50q以上も内陸にあって川が運航に使われていますが
駅前の広場にはテトラポットがオブジェのように置かれています
yfw8u9i0.JPG

なんとなく格好良いので画像を息子に送ってあげようと撮りました

この広場は、若者がスケボーや一輪車を楽しめるようになっています
でも、、、これでもスポーツ???
yf8we.JPG

面白いでしょ?分かりますか?高〜い所の電線(ではないと思うけれど)に
靴を放り投げてぶら下がるか、を楽しんだらしい

では、肝心の名所へ
ri9weo.JPG

世界遺産になっている市庁舎

同じく世界遺産のローラント像
rfwep.JPG

平和と権利を表す自由ハンザ都市のシンボルだそうです

活気ある市場を覗いてみます。「デュッセルドルフとは違う野菜や果物があって面白い」とは娘の言葉
地方によって食物が異なるのですね
t54re.JPG

“どちらかというと人々はわりにシャイでおとなしく、町も落ち着いている”とは
地球のあるきかたのコメントですが、本当にそうした印象を受けます。
いろいろと訪れてみてそれぞれの街は、街ごとの雰囲気を持っていて、
それがどことなく伝わってくるというのは、不思議だなぁと思います。

ブレーメンの音楽隊の像
fweo.JPG

皆、次々と順番を待って写真を撮り合います。
私たちも台湾の女の子たちに写してもらいましたよ


ブレーメンには行かなかった音楽隊ですが、4匹は街のシンボルキャラクター
というより街の人に愛されているのでしょう
hfsfde.JPG

まちじゅうの至るところに4匹が居ます

そのせいか、どこまでも可愛らしい街です
ghero.JPG

エコバッグや、4匹がプリントされた布なども売っていました

これはキャンディーショップの店先にある水道ですが4匹が見えますか?
teq2.JPG

お話ではロバ、犬、ネコ、にわとりが、順に上に重なっている事に意味があるのですが
これは、横一列に並ばせられています

手動の回転木馬も4匹たちです
gdfred.JPG


4匹をあれこれとアレンジして楽しんでいるこの街が、とても楽しくて好きになりました
7ye3.JPG

パロディっぽいのもありましたよ。
それを見てゲラゲラ笑うおばちゃんたちの声が、楽しそうでもらい笑顔(こんな言葉はない)
になってしまいます

シュノーア地区という狭い小路にびっしりと手作り工芸品やカフェが並ぶ一角
g8igo.JPG

全部が小さく小さくまとまっていて、ともかく可愛いの一言に尽きる一角

狭いでしょ?観光客が多く訪れていますがお互いに「お先にどうぞ」「あ、どうも」と
言いながら笑顔ですれ違う、なんだかほほえましくて心地よい空間です
r6t7y.JPG


ほうら、狭いでしょ?この奥にレストランがありました
gfmd.JPG

「行ってみようか・・・」「何がある?」「あ、さっきの道に出た」などど
娘とすっかり楽しみました

お店も皆小さい、そして可愛らしい
gyhujk.JPG

ね、可愛いでしょ?

外の席でお茶をする人に話しかけるような像も、どこか優しげ
ghjklsf.JPG

歩いている人が皆、何となく微笑んでいるのです

石畳を歩いて疲れたので私たちも一休みしました
bfgur4.JPG

狭い狭い階段を上って天井の低い2階の席から、先ほど歩いた小さな小さな路地を
眺めながらのTeaTime、心なごみます

お洗濯ものか?飾りとしてなのか?何か絵になるので写してみました
y7u89i.JPG


一番離れがたかったお店、手芸屋さんです
tyeui.JPG

この小さい中にぎっしりと、リボンやボタンが詰まっています
ここでちょっと分厚い一冊の手芸の本を買いました

中は2人も入ればいっぱい
hodipf.JPG

おやかんにリボンがディスプレーしてあるのが、面白い!

これは良いアイディアですね
yw854.JPG

こうしておけば、リボンがくるくると必要なだけ使えるって訳ですね

あ、又良い感じです
yregfdf.JPG

と、飽きることなく二人でぐるぐると歩きました
posted by ERIKO at 19:15| Comment(2) | 2011.4~7ドイツ暮らしを体験
この記事へのコメント
あの!ブレーメンなのですね〜顔1(うれしいカオ)ハンス・フィッシャーの線画が好きで持っている、家にある絵本本棚から出してみました!あの4匹が至る所にいるのですねウインク可愛いらしい…光るハート狭い路地やお店もとっても絵本的で可愛いくほのぼのとした様子が伝わって、ニッコリしてしまいました…にこにこきらきら
小さな手芸屋さんもいいですねぇリボン
いよいよ戻られるのですねきらきらこんな貴重なドイツ旅行記が終わってしまうのは残念ですが〜
さらにさらに、パワーUpされて戻られるのですね〜目がハート

Posted by Spring at 2011年07月19日 09:16
springさん
ここは絶対、いつか夢ちゃんと行くべきです〜!
どこまでもspringさんの世界が広がっていますので。
ブログに載せきれない隅々まで、夢があって可愛らしいのです。
帰ったらお会いしたいです。
Posted by ERIKO at 2011年07月19日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: