2011年06月28日

カイザースヴェルトへ

出かけたのは2週間前の月曜日の事。
上海から帰ったばかりの娘が着かれて寝ているので、傍らでじっと音もたてないでいるのは耐えられなく(一部屋なので)
そっと抜け出してトラムで10分の所へ出かけたのでした。

中心地からたったの10分で、がらっと違う街の景色を見せてくれるのが面白いですね。
ドイツは街や村ごとに異なる顔を見せてくれるのが楽しいです。

カイザースヴェルトは、伝説に包まれた(とガイドにある)フリードリヒ・バルバロッサ赤ひげ王の居城跡。
htrs.JPG

12世紀に、通行税徴収所をオランダから写した際に元あった城を改築拡大したのだそうで
rg8ty.JPG

1700年代のスペイン戦争の時に攻撃によって今はは完全な廃墟となっています。
trhdgf.JPG

壁の厚みは4.5mもあるという、この堅固な城も陥してしまい“つわものどもが夢の跡”といったところでしょうか。
一方昨日書いたエルツ城は、一度も崩れたことはないという
どちらも共にロマンであって、又、人の営みのはかなさを感じるものです。

この街は他にナイチンゲールが若き日に滞在し、教育をうけた場所という事で
そのせいか、どことなく落ち着きのあるたたずまいと品性を感じました。

とても心に残る素敵な街並みでしたので、少しご覧ください。

廃墟跡のすぐわきには緑の綺麗な小道があります
itok.JPG


この道から階段を降りたところには教会があってペンテコステのこの日を喜び祝うために
人々が集まってきていました。
※ペンテコステ=聖霊降臨祭(聖霊が使徒たちに下ったとても感謝な日です)
wtreg.JPG

こどもたちもおしゃれをして一緒に連れてこられています。
古き良きヨーロッパが生きている街ですね。
こういう姿を見ているとどこかほっとするのです。

教会の前の小さな広場を囲む家並みも落ち着いて品があります
etgr.JPG


0rtg.JPG


ergt.JPG


表通りに面した街並みでさえこれほどに静かです。
32rfd.JPG


iewp.JPG


9r32.JPG


irope.JPG


32qr.JPG


トラムを降りた駅前には、品のよさそうなおばあちゃまたちがお集まりです。
gterf.JPG

いつまでもこういう姿を見ていたい、とよそ者の私の感想でした。

明日は、久しぶりの一人遠足で“ユーゲントシュティールの美術館のような街”と言われているダルムシュタットへ出かけてみます。
遠足だからおにぎり持って行こうかな〜〜(笑)

ちなみに今夜は、こちらも暑くなったのでサラダひやむぎです〜!
一昨日、日曜日には教会の娘の友人が来たので、納豆パスタ、お汁粉も煮て
笑天・まるちゃん・ 江姫観ながら3人で食べました。ここは何処だ〜〜??
餃子も作っていますよ〜!
posted by ERIKO at 23:19| Comment(4) | 2011.4~7ドイツ暮らしを体験
この記事へのコメント
とてもきれいな街並みですね。
どの写真を見ても素敵に
お花やグリーンを育てていて
それもきれいに保たれているところに
感心しました。
ていねに暮らしている人たちが見えるような
街並みですね。
素敵な写真をいつもありがとうございます!
Posted by くみ at 2011年06月30日 20:13
30度以上の蒸し暑い日が続いて へたれていました〜、が夜には涼しくなって また前回分から読みました。 
本当にいつも美しい写真です!
ちょっとトラムで出ると〜違った印象の街に出られる〜良いですね〜少しの距離でどんだけ楽しめるの〜って感じです^^
おいしそうな食べ物も、興味深々♪
ドイツの普通の人の集まっている様子も、なんか絵になります、、
ペンテコステって今頃でしたっけ?
宗教行事は大切に続いているのでしょうね〜

こんな日々でもきちんと仕事をしているえりこさん、、素晴らしい!きっとアイデアが湧いてくるでしょう!
リフレッシュたくさんできましたね〜そろそろ戻りたくなりませんか?
もう帰りたくない〜なんて?
こうして写真を見ているだけでも うっとりですもの〜
残る日々もお元気で☆
Posted by こだち at 2011年06月30日 22:56
くみさん
こちらこそ、いつも見守って下さってありがとうございます。
街並みはそこに暮らす人々の思いが作りだすものなんだなぁ、ということを感じています。
丁寧に暮らしたいものですよね。
Posted by ERIKO at 2011年07月01日 16:20
こだちさん
見守っていて下さってありがとうございます。
日本は暑そうですね〜
こちらでの暮らしも残り3週間となってしまいました。
そろそろ日本語で何不自由なく暮らす日が懐かしくなってきました。
こだちさんや友人たちとも、会って沢山おしゃべりしたいですし、日本語に飢えています。
でも、地震の不安や相変わらずの日本の状況を国際放送で見ていると
帰りたくないなぁ、、、という思いと複雑です。

マーレライは、とても楽しんでいますよ〜
やはり筆を持つひとときは至福です。
Posted by ERIKO at 2011年07月01日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: