2011年04月07日

サウンド・オブ・ミュージック

一番好きな映画は何ですか?と聴かれたら
迷わず「サウンド・オブ・ミュージック」。
どれほど繰り返し観た事でしょう。

初めて観た時に感動して、父に買ってもらったレコードをまだ取っておいてあります。
54v654654v453.jpg

今は聴く事はないけれど、ジャケットを開けると40年も昔の扉が開くのです。


昨日も書きましたが「悲しい時は好きなものを思い浮かべてごらん」と
マリア先生と子ども達が歌う「MY FOVORITE THING」
8 b34c3cewsad.jpg

♪薔薇の花の雫に猫のひげ、ぴかぴかの銅の薬罐に暖かい毛糸の手袋…♪

この映画とザルツブルクを両親と共に旅した思い出をトール作品に託したのが、
かれこれ10数年前。
7n109832109xm321.jpg

ソレイユさんのコンテストの際に招待作家作品として描かせていただきました。
100p×70pの大きいものです。
それ程に好きな映画であって、大切な思い出なのです。

そして、昨日CDをかけて聴いていましたら・・・この歌詞に胸を打たれました。

「CLIMB EVERY MOUNTAIN」 です。

<全ての山に登れ>
すべての山に登りなさい
高いところ低いところをたずねあるき
すべての間道をたどり
知っているどんな小道もあるくのです
すべての山に登りなさい
すべての流れをわたり
すべての虹を追って
あなたの夢を見出しなさい

夢はあなたが与える全ての愛情に必要です
あなたが生きているかぎり、あなたの人生の毎日は
すべての山を登ることです
〜以下繰り返し〜
修道院長さんが、未知の世界に踏み出すのをとまどっているマリアに贈った歌なのですが、
最後のシーンでナチの追っ手を逃れて亡命、
愛する祖国を離れる時に流れる曲のもこの曲です。
90809an834.jpg

実際のトラップ一家は地位も名誉も財産も住む家も友達も何もかも全てを失い
アメリカに渡り、
祖国オーストリアに戻ることはありませんでしたが
新しい土地で苦労をしながらも、たくましく、明るく生き抜いて行くのです。

たった今、この映画を観たい!と思ったらビデオしか持っていなかったのです。
DVDが欲しい!買わなくては!!
観る時々に迫ってくる言葉や、見方が違うのですよね。
母になってから観たのと、子どもだったのとでは、感動する場面が違いましたし、
新しい発見があったり、と。
今は、又別の思いで観ることになりそうです。




posted by ERIKO at 13:43| Comment(9) | オーストリアが好きです
この記事へのコメント
とてもよい歌詞ですねメロディ 始めて観たのは、TVでの放送でした…たしかカーテンをお洋服にしちゃうんでしたよね…?!この時代の映画の色あいや、暖かいストーリー好きですてれてれ、 何処までも響きわたる歌声…舞台はオーストリアだったのですね顔1(うれしいカオ)ココが先生の原点なんですね…きらきら

この歌詞光るハート
いろいろな場面で、背中を押してくれそうな、よい歌詞ですね

Posted by Spring at 2011年04月07日 16:58
この映画大好きです。母も好きです。

息子とブルーレイ用のがほしいねとネットを見ましたが高かったのでそのままになってますが、ほしいものです。

弟の結婚式に花田ファミリーで、父がマンドリン、従弟がベース、叔父、叔母、主人が歌、娘3歳がトライアングル、私はエレクトーンでエーデルワイスを演奏しました。
叔母の歌うパート、映画を見て音をとりました。同じメロディーより映画と同じにしましたよ。

息子が小3?ヤマハでコンサートのとき、10人くらいでサウンドオブミュージックのメドレーをエレクトーンでアンサンブルをしました。黒のベストを作って・・・
オープニングのサウンドオブミュージックの音楽、最後は、全ての山に登れで盛り上げて終わる・・・
全ての山に登れの歌、知りませんでした。
勉強させていただきました。

先生の作品、作品展のとき見せていただきました。とてもすばらしい作品でした。今でも雰囲気だけはしっかりと覚えていますよ。
Posted by はな at 2011年04月07日 22:26
Springさん
テレビが最初ですか、、、あぁ、年齢の差。。。
私は日本で最初のロードショー公開で観たのですもの(年がばれる)

子供の頃に観たときはカーテンのお洋服でさえ、素敵に見えてました。

“お父さん”としか見えてなかったトラップ大佐が今は素敵で素敵で〜♪
これも年のせいか、、、(笑)

Posted by ERIKO at 2011年04月08日 10:21
はなさん
この映画の音楽を奏でられるなんて素敵ですね。
演奏の思い出も残りますね。
私はもっぱら聴くだけ〜〜。

私にとっては素敵なだけでなくて、その時々に色々な事を教えてくれる映画です。



Posted by ERIKO at 2011年04月08日 10:24
初めまして。
ブログ、初めて読ませて頂きましたら、サウンド・オブ・ミュージック。。。。。
私も一番好きな映画です。
中学1年生のときに、ドレミの歌を英語で歌いたくて、一生懸命に覚えました。今ももちろん歌っています。
Posted by kimiko at 2011年04月10日 18:25
kimikoさん
コメントをありがとうございます。
この映画が一番好き!とはっきり仰る方には
初めてお会い(?)しました。
きっと素敵な思い出をお持ちなのですね♪

好きな映画は多々あれど…やはりこの映画の魅力は一言では語り尽くせないですよね!!

ドレミの歌も楽しくて、
子ども達が丘で歌ったり
馬車に乗ってマルクトにお買い物に行くシーン、
ミラベル庭園の階段、
自転車ではしゃぐシーンと
どれもどれも思い浮かべるだけで元気が出てきます。
Posted by ERIKO at 2011年04月11日 10:39
嬉しいです。
こんなに共感をもって読ませて頂いたのは初めてです。
アメリカに渡って後のトラップ一家の歩みを知り、いっそう感動しました。
Posted by kimiko at 2011年04月11日 21:46
kimikoさん
いつか機会がありましたら「菩提樹」という映画もごらんになってみてください。
サウンド・オブ・ミュージックの原型でドイツで作られた映画ですが
又違った魅力で、素晴らしいですよ。
Posted by ERIKO at 2011年04月12日 19:30
ありがとうございます。
是非、見させて頂きます。
Posted by kimiko at 2011年04月12日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: