2010年10月16日

映画「Night&Day」とザルツブルク

めったに観ない、というより“絶対観ない”アクション映画を観ましたよ。
「Knight&Day」

何故って、それはロケ地にオーストリアのザルツブルクがあるから。
それと、トム・クルーズが好きだから(^_^;)です。

で…結論から言うと、楽しみました〜〜!!
トム・クルーズ文句なく格好良いです。47才とは思えない。
ちょっと太めになっていたけれど、
まだまだ正統派二枚目は色褪せていない、どころかドキドキ(アクションという意味でなく、ときめきで)させてくれるくらい素敵です!!!
         bmxzvcy89765n,mxtr.jpg
キャメロン・ディアス(あまり好きな女優さんではなかったのですが)
お茶目でとてもチャーミングですね〜。

そして、二人ともちゃんとアクションやっているところが、素晴らしい!
勿論、CGも多々あるのでしょうけれど、今時は何でもかんでもCGで辟易としているところなので、
久しぶりに、体を張って頑張る映画スターを観たという、爽快さでした。
          90jhgn,lvbc6u.jpg

まぁ、特にじっくりと心に残るという深味はないですが、ちょこっとコメディタッチなところも入っていて、なかなか後味の良い映画でしたよ。
※何と言っても、トム・クルーズが、最初から最後まで、良すぎなので、男性諸氏にはいかがなものか?ですが(笑)


で…肝心のザルツブルクですが(私にはこちらが肝心なのです!)(笑)
それが、夜のシーンが殆どで“ん?これ、ザルツブルクで撮る意味あるの?”という気もしました。
ライトアップされたホーエン・ザルツブルク城や教会の塔やドームは素敵でしたが。
あ、それとめったに見られない、という意味では、
あの美しい街の屋根から屋根へと、移ってかけめぐるシーンは、
“へぇ、上から見るとこの街の屋根ってこういう風に連なっているのねぇ”
と面白かったですが。

もしかしたら、と勝手な想像ですが・・・
「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ一家が住んだ家が
           09yhsgnare756.jpg
ホテルになるというのも、観光客でうるさくなるのが嫌だと
固く拒んだ住民ですから(結局ホテルになっています)
          90e68unlg.jpg
この「Knight&Day」のロケも昼日中の撮影は、そう簡単には許可しなかったのかな・・・?と。
ホントにあくまで私見です。

そうそう、見終えて思い出したのは「ルパン3世」の漫画、まさに、あんな感じです!!
個人的には少し前に観たジュリア・ロバーツ主演の「食べて・祈って・恋をして」より何倍も楽しめましたよ。





posted by ERIKO at 10:24| Comment(0) | オーストリアが好きです
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: