2010年07月29日

ノスタルジー

2週間ほど前に、那須塩原の温泉に浸りに行きました。
(温泉大好きです〜!)
が、見ていただく写真は、その際に立ち寄った古い洋風建築です。

日本の各地に、まだまだ残る洋風を真似て作った建物にノスタルジーを感じます。
日本が西洋に憧れ、模倣をした時代…
悪く言えばこれが、日本がアイデンティティを失った時代でもあるのかも知れません。

でも、、、私は好きなのです。
だから、ちょっとした旅行の際にも、調べて立ち寄ったりします。

日本基督教団福島教会 1909年(明治42)
         60987mnhui.jpg
煉瓦が目を引きました。

日本基督教団福島新町教会 1927年(昭和2)
          6059e8khhjk.jpg

郡山聖ペテロ教会・聖パウロ教会
        m40967,ljhy.jpg
丁度、信徒の方が通りかかって少しお話しを伺ったのですが
「この建物は、コンクリートで出来ていて、コンクリでは、これと言って特に県や、ましてや国の文化財のような指定は何も受けられないんですよ。
老朽化して何とかしなければ、と思っても維持保存には莫大な費用がかかってしまうので、中々難しいのです」
とお話しなさっていました。

郡山市郡山公会堂 1924年(大正13)
           m76kg4ew.jpg
ここは現在も使われているようです。
        09wn8506976.jpg
内部。開いていなかったのでガラスに張り付いて写真を撮りました(笑)

JR白河駅 1921年(大正10)
         09nbw785.jpg
ドラマに出てきそうなホームに郷愁をかき立てられます。
         09wn875.jpg 
こうした風景はまだまだ、日本のあちこちで見られるのでしょうね。

白河ハリストス正教会 1883年(大正4)
       lhk05hilrn.jpg
中には、山下りんの描いたイコンが数点、飾られているそうですが、
入れないので観ることは出来ませんでした。

旧白河郡役所 1883年(明治16)
        7-uhjh vjuyt.jpg
南湖のほとりに、保存されるでもなく、見学出来る訳でもなく、
忘れられたように置かれていた木造建築のこの建物。
明治の時代に、どれほどの意気込みで、大工さん達が作ったのでしょう。
とても素敵な作りなのにこのままでは、すぐに朽ちてしまうのでしょう。
本当にもったいない!です。

地元の方々にとっては、当たり前に通り過ぎている日常の景色なのでしょうけれど、
よそ者がお邪魔すると素敵に思える物が沢山あります。
“変わらないで欲しい”と思うのはよそ者のエゴかもしれませんが…

他に県立美術館にも立ち寄ってみました。
        e986m0ihy6.jpg
素晴らしい器なのに、肝心のコレクションは少々寂しい、、、かな、、、(美術館さん、ごめんなさい)
地方の美術館は、その充実ぶりは、本当に格差がありますね。
県が力を入れているか否か。

けれども、だぁ〜れも居ない館内で、ゆっくりと美術と対面出来るのは、とても良い時間です。
※でも“だぁれもいない”では、困るのですよね!相当、県の財政に負担になっているでしょうねぇぇ、と余計な事を考えてしまいました。



      






posted by ERIKO at 10:51| Comment(6) | 洋風建築
この記事へのコメント
私も大好きです。日本が西洋に憧れていた頃の建築。銀行とか建物は残ってますよね。和と洋のミックス。この雰囲気は、洋風建築と言えども日本にしかないと思います。

京都の木屋町の路地裏に小さな喫茶店があるのですが、大正時代にタイムスリップしたような気分になるところがあります。なんていうか・・・ハイカラさんのイメージ。

憧れは簡単に行き来できるようになった現在もあるのかもしれませんね。
Posted by milky at 2010年07月29日 14:50
温泉とはいいですね?

ステキな建物ばかりですね? 

私の母校の講堂もすばらしいです。文化財として受けられますが、学校のものにならなくなるので、そのままです。
階段を上るとピシッ、ピシッと、音がします。中に入るとかび臭いような?
1週間に1回、中高生が礼拝に使っています。

大正時代に建てられたものです。 私が入ったころまだ旧校舎もあってモダンな建物でした。
(美術とお習字の時間だけ使っていました。)

昔の洋館、いいですね。

美術館にチョコチョコ行って、感性を磨かないといけませんね。娘が何日まで行かないと・・・言ってたこと思い出しました。

Posted by はな at 2010年07月29日 15:00
なるほど、国内であってもやっぱり目の付け所がえり子さんらしいなぁというか…(笑)。
でも、公会堂の建物なんかは、けっこうくくっと来ますね!
Posted by josh at 2010年07月30日 08:44
milkyちゃん
京都の街に洋風建築は、きっと他とは違った趣があるのでしょうね〜。
和と洋の見事なマッチは、京都ならではかもしれないですね。
是非、観たいです!

いつかブログにUPして下さい!!
Posted by ERIKO at 2010年07月30日 12:17
はなさん
実は、公会堂の内部は娘の通った学校の講堂とそっくりなので、驚いてしまったのですよ!
時代の流行か、同じ建築家か・・・?

はなさんも素敵な校舎で学ばれたのですね。
Posted by ERIKO at 2010年07月30日 12:20
joshさん
日本に居ても、洋物好きで困ったものです、ハイ
でも、joshさんでも“くくっ”ですか(笑)
Posted by ERIKO at 2010年07月30日 12:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: