2010年05月08日

パッサウ…これでおしまい

3月の旅の旅行記、まぁだ綴っています。次に行くときまで延々と続くことにならないようにしないと(苦笑)

さて、先日まではホテル内の様子でしたが、
今日はまとめて街中(まちなか)の写真を観て下さい。

迷路のような小さな路地が魅力的な街でした。
           785juyr7806.jpg
地図を観なくても迷うこともない小さな旧市街なので
当てもなくふらふらと歩けるのが楽しいです。
           876jfr67i9-0.jpg
この先には、どんな光景が私を待っているの?
知らない路地を歩くのは、有名な建物を観るよりもずっと素敵です。
           67yejuukf.jpg
           847uyjf098.jpg
こんなに素敵な窓の装飾に出会えたり・・・
           908766ir7lew.jpg
アンティークな書籍のショーウィンドウも、そっと夢の世界へと私を誘ってくれます。
        q54098gjk.jpg
おっと、のどから手が出そう、、アンティークジュエリー(感涙)でもお店が、閉まっていて良かったのか、悪かったのか(笑)

勿論立派な大聖堂もあります。世界で一番大きなパイプオルガンがあるそうなのですが、修復中で中に入れず、残念!!
           874j7ir6.jpg

夫を喜ばせたのは釣り道具屋さん。でも可愛い!私も喜びました(笑)
           564wjfr67i.jpg
           bnxv869.jpg
狭い通りをすれすれにバスが通る路。
雪のぱらつく、重い空が返って旅愁をそそられロマンチックな気分にさせてくれます。
        349608ki87.jpg
重厚な木彫りと鉄の扉…いったい、幾世紀の間、この扉を人がくぐった事でしょう?

角を曲がると“あら”可愛らしいディスプレイ。
        bzv098.jpg
           0987635bhsrt5.jpg
ふとした足下にも春を待つ思いが、伝わってきます。
        ht68790986.jpg
フルーツティーやハーブティーは、ドイツの定番。
修道院が経営しているお店です。

何と言っても大好きなアイアン看板です!
           876f67ir.jpg
ましてや、美しい窓装飾を背景にしているとなると一層のときめきです。

3つの川が交わる街、なので、その突端に向かってみました。
        r908lkgj908.jpg
川の向こう岸の色美しい家並みを眺めながら(寒いです〜)
        9062143hgf.jpg
これがドナウ河・イン河・イルツ河の合流地点。
そしてオーストリアとの国境です。

今、こんな本を読んでいます。丁度この街と他に今回の旅で訪れたそちこちが舞台となっている小説。
        0gilsfd.jpg
もうずいぶん前に読んだ本をもう一度引っ張り出して読んでいるのですが
実際に足を踏みれ入れてから読むと、面白さは倍増しますね。

さて、パッサウともそろそろお別れ。駅に向かいます。
        8476jf67i.jpg
“あ、又素敵なお店”帽子屋さんの前を、郵便屋さんが通ります。
歩きながらも、まだまだ写真を撮り続ける、このどん欲さ(笑)
       548906lgk.jpg
さようなら、パッサウ。たった一泊しただけなのに、素敵な思い出を沢山いただいた街。
今頃は、春に衣替えをして違った表情をして佇んでいる事でしょう。





           






   










posted by ERIKO at 10:09| Comment(6) | 2010.3ドイツ旅行記
この記事へのコメント
いったい何枚写真を撮られたのですか?
どれもこれも絵になりそうですね?

ディスプレイもすてきですね?

私も行きたくなりましたよ〜〜〜

行くとしたら娘とですよね?

Posted by はな at 2010年05月08日 11:34
え?おしまい?
パッサウがですよね。
次はどこの街ですかあ?
写真が楽しみです!
Posted by josh at 2010年05月09日 08:52
なんだか全部全部絵になりますね。
石畳の小道・・・憧れます!!
外国で小さな路地を入るのはちょっと怖くて、王道ばかりの私・・・

それにしても窓が素敵!外観が統一感有りますものね。
輸入住宅と日本の住宅の外観の大きな違いは、私 窓だと思うんです!
輸入住宅は窓もデザインの一部で 装飾は勿論、位置も、とても考えられてると思うんですけど、日本の住宅は構造上付けられる位置に、窓を置いてるので、大きさもバラバラだし、位置もずれてるしーーー

ぶら下がってる看板大好きです♪
これも国内ではなかなか良いデザインのがないんですよねぇ〜
町並みを見るのは有名箇所の観光より楽しいですよね!
私もいつか・・・♪♪積立しておこう〜

まだまだ当分二人分の学費が ^^
Posted by milky at 2010年05月09日 15:37
はなさん
何枚撮ったのでしょう・・・?
私もわからないです。
是非、お嬢さんといらして下さい。
きっと、素晴らしい思い出になりますよ。
Posted by ERIKO at 2010年05月09日 21:39
joshさん
いえいえ、まだまだしつこく続きます。
たった1泊のパッサウだけで、どれほど引っ張っているか・・・(笑)

次は、国境越えました〜
Posted by ERIKO at 2010年05月09日 21:41
milkyちゃん
本当にどうして、こんなにも外観を大切にするのでしょうねぇ、、
室内は意外とモダンに改装されていると聞きますが。
京都ではどんな風にしていますか?

ドイツの窓は(オーストリアもですが)良く見ると、更にひとつひとつ、あるいは階ごとに装飾が違っていたりして“よくぞここまで”とも思いますが、やはり素敵です。

街歩きは“思いがけない”がキーワードかもしれません。
ガイドブックにない所を歩くからこそ、出会える何かだったり、
時にはがっかりだったりも、ありますが。
Posted by ERIKO at 2010年05月09日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: