2007年03月13日

行ってきました

「オルセー美術館展」に行ってきましたアート
http://www.orsay3.com/exhibition/index.html

混んでいると聞いていたのですが、今日は意外に空いていてゆっくりと鑑賞することが出来ました。
「今回は傑作揃い、特にナビ派が素晴らしいぴかぴか(新しい)これほどフランスパリの古き良き時代のエレガンスを表した絵はないでしょう」とは西洋美術史の先生のお話し。
??ナビ派って何exclamation&questionと私だけでなくて殆どの受講生が思ったにちがいないです。
これは観るしかない!!とやっと行ってきました。

美術は時に“何?これ?どこが良いの”という難解で好みが分かれるものも多くありますが、
この『ナビ派』は、誰でも分かり易くて親しみを感じると思います。
特に美しいものが大好きな女性には、お奨めです。
あまり美術館には行かないわ、という人もこの機会に是非、
足を運んでみるとよいかもしれません。

やはり“本物”には命があります。人を感動させる力があります。
“アンティークが好き”という人は、その時代を知ることで、
より一層アンティークの持ち味を感じることが出来るでしょう。
アンティークと一言で言っても時代を知らないで、
ただの物として持つ事にはあまり意味がないと日頃感じている
私のちょっとタカビふらふらな、意見です。

そして、その後は「国際子供図書館」のある国立国会図書館カフェでランチレストラン

IMGP1126.JPG

とってもリーズナブルなランチで、穴場です。
明治の建物を建築家の安藤忠雄氏が手がけてよみがえらせた素晴らしい建物です。こどもの本がずら〜〜〜っと並んでいて、大人も楽しめます。
IMGP1124.JPG
中はこんな階段があって、タイムスリップ気分が味わえます。
IMGP1128.JPG

こちらは、あまり良く写っていないのですが「奏楽堂」
やはり明治の建築で元の芸大の音楽部のあった場所です。

IMGP1122.JPG 


上野って下町のイメージですが、私は美術館に行くといつもちょっとだけ足を伸ばしてこのあたりをお散歩します。古い洋館が多く、芸大もあるのでそれっぽい学生さんも歩いていて
芸術の香りがするところです。
posted by ERIKO at 15:20| Comment(0) | 洋風建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: