2009年11月28日

オーストリア華麗なる大宮殿展

昨日から今日にかけて八王子にある富士美術館「華麗なるオーストリア大宮殿展」に行ってきました。
       knl758.jpg
この展示では肖像画も多々ありますが美術的な深みや魅力というより
工芸的な要素として観ると良いのではないかと思います。
       htmk86.jpg

宮廷文化、お姫様、絢爛豪華、お城・・・そんなキーワードには目がない方は本当にお奨めです。
たっぷりとそうした気分に浸れます。

ただし、、、この美術館何故か展示とは無関係の
余計なおしゃべりがとても多くてうるさいのがたまらないです。
「お静かに」のプラカードを持った館員さんがあちこちに立っているくらいですから。
これだけは何とかならないのか(怒!!)です。


では・・・まずはこのお三方から
(写真はこの展覧会サイトからお借りしました)
オーストリア国民から母と呼ばれ愛されている偉大なる女帝マリアテレジア
          nhmjiou8t7.jpg
繊細なレース、黄金に輝くシルクタフタ、近くで見ないとわからないですが手芸のなせる技の見事さには感動します。

絶世の美女と謳われたエリザベート。
マリアテレジアより100年ほど後、世紀末のハプスブルク家終焉を負った哀しみの皇妃。
         h8ig5w.jpg
レリーフのように浮き出た金糸刺繍にはどれほどの手ががかっておるのでしょう。アクセサリーはマリーアントワネットの遺品だそうです。

フランツヨーゼフ皇帝の若かりし頃
         hmcgiuljk.jpg
エリザベートのご主人(というのは本来はおかしいですよね?)
何と言っても大帝国の皇帝なのですから。

他の皇帝のお顔なども知ることができてハプスブルク関連好きには面白いです。

皇帝の座った椅子の座面の織物など御用達の腕利き職人さんの技を観ることができます。
「その時代なら決してお近づきになる事はあり得ない王座、ここに皇帝と呼ばれるお方が座っていたんだわ〜」
なんて時代に想いを馳せて楽しく鑑賞しました。

写真撮影は出来ないので下記3枚は昨年の旅行で撮したホーフブルクにある銀器博物館での写真。
今回の展示でもこのような物が観られます。
       tsrhnkj.jpg
甘い物好きのハプスブルク家を楽しませた色々な形のお菓子の型。

       hgjmkj.jpg
実際のテーブルコーディネート

       kytsrhgd.jpg
双頭の鷲の紋章の入ったグラス

会場を出るとシシィと一緒写真が撮れるミーハーコーナー。
胸の上辺りだけを撮った写真もあって、そちらは
まるでシェーンブルン宮殿の大ギャラリーにシシィと一緒にいるかの様に写っています。
        xbg,.jpg
でもね、、あえて、、
お隣に並んだ私(150pですから(^_^;))と等身大のシシィを比べると
シシィがいかにすらっとしてお顔が小さく、
そして50pというウエストが細いのかがよ〜〜く分かるでしょう(笑)

       gzjk876r.jpg
オーストリア国旗カラーのグッズもお買い物をして満足気分帰路に着きました。

ついでに寄り道をしたのはオーストリアから職人さんが来て作ったという窯でパンを焼いている青梅のパン屋さん。
       htshd.jpg
トールの生徒さんで青梅のNorikoさんから教えていただいて
“是非行ってみたい”と思っていました。

森の中にあって、ちょっとだけチロル気分になれるパン屋さん。
        gzlk6u.jpg
「昔はオーストリアの山間には沢山こうした窯があって、
あちこちからパンを焼く煙が立ち上るのが見えたのが
今は使われなくなって朽ちていく」のだそうです。
       j87rgd.jpgそれをここで再現したのがこの窯なのだそうです。
ちょっとしたカフェも併設しています。
       fzm76e.jpg
食器はグムンデン地方の陶器グムンドナー社のもの。
“この食器オーストリアとは言ってもちょっと、、、”と思っていたのですが、
ここで初めて使わせていただいてみて
“なかなか味わいがあって素朴で可愛らしい♪”と思いました。
ちょっと欲しくなってる?!ハイ!お値段リーズナブルだし。

という事でオーストリア三昧に浸ったこの二日間の行程はドライブ好きの主人がアッシーでした(笑)



posted by ERIKO at 17:16| Comment(2) | オーストリアが好きです
この記事へのコメント
こういう企画となると、八王子は遠くはないようですねえ(笑)。
joshんとこから八王子はさほど遠くないですが、その分成田から遠くって…。

毎日、ありがとうございました。
とりあえず?帰ってきてしまいましたぁ…
Posted by josh at 2009年11月29日 17:56
joshさん
お帰りなさいマセ〜!♪
旅のお疲れ時差ぼけもお有りかもしれないのにコメントを下さりありがとうございます。
(ぼけ、なさそうですね?)
明日から早速ウィーンのご報告を楽しみに毎日お邪魔さていただきますので・・・
いざご覚悟!!

牛に引かれて(古い?)八王子だろうと善光寺だろうと行きますよ〜(笑)
Posted by ERIKO at 2009年11月29日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: