2009年08月09日

歌姫でウィーン気分を満喫

昨日は芸術劇場で行われた
東京交響楽団特別演奏会「シュトラウス一家の音楽会」という
コンサートを聴きに行ってきました。
     naur0.jpg
19世紀ヨーロッパの社交界を夢中にさせたシュトラウスのワルツ〜♪

ヨハンシュトラウスというと、クラッシックファンからは
少々、お軽く感じられるのか
「ちょっとねぇ、、、別に聴かなくても良いわ」
と思われる方も多いのかも・・・?(どうなんでしょう?)

私は決してクラッシック通ではないので
シュトラウスは、気軽に聴けて楽しくて、気分が明る気がして…
そして何より「ウィーンの香り」がたっぷりでだ〜〜い好きです。
       RIMG0658.jpg
こんな時代を思い描きながら聴くと更に素敵。

美しい歌声は幸田浩子さん です。
       nuqwnsz.jpg
オペレッタ「こうもり」から2曲「ウィーン気質」「春のワルツ」
と4曲を歌われました。

5年前にNHKのドナウ川紀行で彼女を拝見して一目惚れ。
5回ほどコンサートを聴きましたが、美しい歌声は今更、私ごときが語るまでもなく多くのファンを魅了しています。

更に容姿端麗という天からの恩恵も携わってヴィジュアル的にもうっとりさせてくれます。
クラッシック界のお姫さまといった感じでしょうか・・・

様々なジャンルの曲に合わせた身のこなしも、チャーミングでエレガント!!
申し分なしです。
fdnue943.jpg
一緒に行った、初めて聴く友人も既に彼女の魅力に参っていました。
「ディズニープリンセスみたいね♪素敵☆!」

今、私が一番素敵だと感じている女性です。
        dn4u8.jpg
もっとずっと傍にいて、彼女の歌声を聴いていたい。
心の奥から幸せにしてくれる歌声です。

ウィーンの王宮や路地裏やカフェを歩いた思い出と共に
幸田さんの歌声で過ごすシュトラウス。
私にとっては最高のひとときでした。
       RIMG0659.jpg 
(↑ウィーンで買ったポストカードです。)

でもね、、
なんだか早々とニューイヤーが来たような気分にもさせられて
半年先に歳をとった?(笑)
 






posted by ERIKO at 14:56| Comment(4) | オーストリアが好きです
この記事へのコメント
私は、シュトラウスの曲は、どれもこれも好きです。
お父さんが作曲したのか、本人か?わからなくなります。弟のヨーゼフ・シュトラウスのピチカート・ポルカもいいですね?

何年か前、バレエで「浮気心」を踊ったことあります。心臓パクパクの思い出があります。

シェーンブルン宮殿の近くのホテルで食事する場所がまさに、目の前にウィンナワルツを踊る姿がみえてきそうなところだったのです。ただのレコードがかかっていましたが、私の気分はウィンナワルツの雰囲気に酔っていたのを思い出します。

私も半年、年をとっちゃいましたよ。ニューイヤーコンサートの気分になってしまいますよexclamation×2

「人生は喜び」は、お好きでないですか?私、だ〜いすきです。
踊りたくなるし…

幸田ひろこさんの演奏、気をつけておきます。
Posted by はな at 2009年08月12日 09:30
突然ですが、joshでございます。
このたびゆるゆると再開することになりましたので、お知らせしにきてしまいました。
臨時休業に際しては、暖かいお言葉を賜りました。感謝しきりでございます。
と、記事と関わりのないカキコ、失礼いたしました。
Posted by josh at 2009年08月14日 08:33
はなさん
うらやましいです!!
音楽お詳しいし…、そして、、、
ウィンナワルツをバレエで踊れてしまうなんて!!

Posted by ERIKO at 2009年08月14日 17:22
joshさん
嬉しいお知らせです!!待っていましたよ〜〜。
キリンになりそうなところでした。
再開ですね☆本当に嬉しいです。

決してご無理のないように、お体大切に。
でも、ブログ楽しみにしています。
Posted by ERIKO at 2009年08月14日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: