2008年12月17日

ウフフのお買い物自慢♪させて下さい

のみの市(フローマルクト)でGetした戦利品達をご紹介!
あまり美しい表現ではないのですが
でも、まさに“Get”“戦利品”なのです(笑)
だって、言葉の通じない方と小さな手帳を出して筆談で値切り交渉をするのですから。

英語の数字もまるで通じないのがロマの方達も沢山お店を出しています。

※ジプシーという呼び方が差別表現ということで「ロマ民族」呼ぶようです。
が、この辺りの民俗学的なことはとっても難しいので私にはコメント出来ません〜!
興味の有る方は調べてみると奥が深くて面白いかと思います。
でも、ウィーンでは街のあちこちでこうした方をお見かけします。
電車の中や街角で、独特の哀愁のある音楽を奏でていたりして
エキゾチックで魅力的です。

さて、ではその戦利品を見て下さい〜!なにげに自慢?
はい自慢です。だって交渉頑張ったんだもの。
“誰かに見せたい”が本音。ゴメンネ〜みてやって下さいませ(笑)

アウガルテンの小物入れ(シガレットケース?)
      nominoitideokaimono.jpg
「こんな値段で売るなんてあたしの利益ゼロだわよ〜」と
お店のオバチャン(言葉は通じないのでリアクションで)に
笑顔で抱きつかれてしまった1品。

網目模様が美しくて即決のヘレンドの小物入れ。
       kotiramonominoiti.jpg
これはね、最初から意外なほどお安いお値段が付いていたので
ほんのわずかだけ値引きしてもらいました。

前回の時にお友達が手に入れていて素敵だったので真似をして買ったカトラリー。
ケーキサーバーとスプーンです。
       ke-kisa-ba-tosupu-nn.jpg
細かい部分の繊細なデザインが好き!
      katorari-nodeokre-syonn.jpg
子供達が小さい頃は良くケーキも作ったものですが、
今は殆ど(全然です(^_^;)作らないのでいったいいつ使おうかしら‥?

可愛かったのはこのアンティークのシール。
      si-ru.jpg      
きっともったいなくて使えなくて、ずっととって置くことになりそう…

これは小さな額に入ったプチポワン。
私にとっては貴重なアンティークなのにこんな新聞にくちゃくちゃっと包んでくれます。
それが又のみの市らしくて・・・
       mitkatyannomiyage.jpg
一緒に行くはずだったのが、今回は残念ながら
よい子のお留守番になったみかちゃんへのおみやげとなって
一番喜ばれるお家にお嫁に行きました。

↓ここからは定価で・・・(笑)

クリスマスマルクトで“欲しいものばかり”と描きましたが
本当はガラスオーナメントが欲しかったのです。
でも「割れるんじゃないの?」「割れるよ」「割れた時が悲しいでしょ?!」と横やりが入り、あきらめ(泣)
      そこで“割れない”刺繍のオーナメントをやっと購入。
       sy-ennburunnnoo-namennto.jpg
でもなかなか素敵でしょう?

ウエハースで有名なお菓子屋さんマンナーの缶。中にウエハースが入っています。
       mannna-nokann.jpg
ピンクの色と単色で描いたシュテファン寺院の絵柄の組み合わせが好き。

のみの市で探してもひとつもなかったので、アウガルテンファクトリーに行きました。
      augarutenndeokaimono.jpg
欲しかったお買い物を終えてご機嫌です。

ウィンナーローズのバロックシェイプ
      Wiener rose barock cup.jpg
しまっておく?いえ、使います。使ってこそですもの。
使う度に“あの場所”“あの場面”を思い出します。
そんな思いでの残るお買い物が好きです。  
   
posted by ERIKO at 13:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 2008オーストリアのクリスマス
この記事へのコメント
楽しそう〜〜♪
あれこれ迷いながらお買いものされてる姿が目に浮かびます☆

カラトリーも素敵ですね。さすがナイフ&フォークの国。
日本なら漆のお箸ってよくお土産になりますものね(^^)先日京都の百万遍である手作り市というのに行ってきました。手作りお箸というのが出ていて温かい感じでした。
Posted by milky at 2008年12月17日 15:31
すごい!
フローマルクトには行ったことがありますが、
こんなにも掘り出し物があるのですね!
知りませんでした。
これもERIKOさんの探求心と洞察力、
そして鋭い嗅覚の(?)の賜物でしょうか?

ウィンナーローズ、これです、このフォルム、
まったく同じです。
は〜い、しまっておかないで使うようにします。
でも洗うのがコワイよ〜
Posted by こあらっこ at 2008年12月18日 00:58
milkyちゃん
京都の手作り市ってどんなのでしょう♪?
想像するだけで、素敵!

手作りのお箸でいただく、お料理は優しくて暖かい心のお味を感じられるのでしょうねぇ。

Posted by ERIKO at 2008年12月20日 17:09
こあらっこさん
12時間もかけて嫌いな飛行機に乗って行くんですもの、
“Getするぞ〜!”の気合いでのぞくのみの市です。
現地在住の方のおっとりお目々とは違うんですよね、きっと!
Posted by ERIKO at 2008年12月20日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24447584

この記事へのトラックバック