2008年11月15日

ウィーンのみの市・・・etc

“フローマルクト”=“のみがついていそうな古いものを売る市場”ですね。
まさにのみが出てきそう・・・?
      huro-marukuto.jpg
ところがここにお宝が眠っているはず・・・なのですが、、

前回お友達が探して探してやっと見つけてお買い物をしたアンティークのエッチングのお店。
      ettingu.jpg
セピアモードで撮ってみたら…
ウィーンらしい1枚になりました(かしら?)

私も真似して小さなものを一枚買ってみました。
今度は大きいのを購入して、ちゃんと額にいれてみようかな?


       kazattemimasita.jpg
パフォーマンスもウィーンらしいのですが、カメラを向けたら
「ちょっと〜、ちゃんとここにお金を入れて!」というリアクションをされてしまいました。
       pafo-mannsu.jpg
でも黙って通り過ぎちゃった。
ゴメンナサイ、今回お会いしたら前回の分もお支払しますね〜〜!!

落ち着いた店構えのお花屋さん。
       itukakaitemitaina.jpg
クラッシクな雰囲気のアレンジをしてくれるのかな?

これは何に飾るのでしょうねぇ、、、
       kazari.jpg
お店の横の壁のガラスケースに入っていました。
“うちのお店にはこんなものが売ってますよ”っていう宣伝?
「はい、欲しいです〜!!」って端から欲しくなるものばかりできりがない。

と、後1週間ほどであちらに立ちますので駆け足でお写真を見ていただきました。

こうしてみるとやっぱりウィーンの魅力は底知れないです。
何かにとりつかれたかのように私を魅了するのです。
多分ハプスブルクの華やかな宮廷文化だけだったら
私はここまで惹かれないでしょう。
それと同時にこの偉大な帝国が滅亡していく最期の時代、皇妃エリザベートの生きた時代、
まさに世紀末の退廃とはかなさを持つのがこの街のたまらな魅力
なのだと思うのです。

光と陰が解け合って見事に熟成した文化、おいしいワインのような街。大人が似合う街。       img_223816_25614511_0.jpg
まさにそれを体現しているのがあのクリムトの「接吻」ではないかしらね・・?

人間って誰もが何かしらの哀しみを持っているもの。
それを派手なきらびやかさで疲れさせることもなく、
華やかさで覆い隠すこともなく
だまってそっと抱いて(いだいて)くれる街・・・ウィーン。

と、決してそこに住むことがない私には、
どんどん美化されていって一生の片思いが続くのだと思います。

あ、、、妄想に入ってしまってる〜↑

ウィーンの古い時代の全景の絵画が描かれているウィーンのデンマースのお紅茶をいただきながら・・・
シュテファン寺院の横にある小さなつぶ、これ、ゴミではなくて飛んでいく鳥です。
これがザルツブルクなら鳩でしょうけれどウィーンだから、、、多分、、、カラス・・・?

       uli-nnnomatinamino.jpg
傍らにはまだ何も用意をしていないスーツケースがど〜〜んと開いているのに(>_<)

後ろに写っているのは、ウエハースで有名なMannerで買ったブリキのポストカードとトラムのおもちゃです。

さて、後1週間。
今度はウィーンとはがらっと趣の違うもうひとつの大好きな街「ザルツブルク」の写真をUPしますので見て下さいね。










posted by ERIKO at 15:15| Comment(4) | 2008オーストリアのクリスマス
この記事へのコメント
ウィーンの写真やお話を読んで、ウィーンの気分になってるはなです・・・
1週間後に出発ですか?

今週、1週間は、ザルツブルグですね?
モーツァルトの生まれた街。。。
サウンドオブミュージックですか?

楽しみにしてますね。
Posted by はな at 2008年11月16日 01:27
いつもお訪ねいただき、ありがとうございます。
今、この記事を拝見していて、「あらら、もうウィーンへいらしてたのかしらん?」と思ってしまいました。
出かける前からそんな雰囲気が伝わるというウィーン通のERIKOさんらしいところでしょうか。さすがですね!ウィーンの魅力を伝える観光大使のようです。
ああ、joshも行きたいなぁ・・・



Posted by josh at 2008年11月17日 21:43
はなさん
はなさんまで“気分”ですか・・・
ついに妄想に引きずり込んでしまいましたね〜(>_<)
好きな物が一緒で、お近くならお話し沢山したいのに、
ととても残念!です。
Posted by ERIKO at 2008年11月18日 15:14
joshさん
そうですねぇ、今一度読んでみたらもう行って帰ってきたかのようなコメントですね(;。。)
決して“通”ではなくてめったに行けないので
行く前から大騒ぎしてます!(笑)
これが在住経験があってちょこっとお友達に会いに行くのだったら
「ちょっと行ってくるわね〜♪」なぁんて言えるのかもしれないですネ。

来年はきっと又、joshさんの魅力あふれる旅行記が見られると期待しています!!
Posted by ERIKO at 2008年11月18日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: