2014年11月29日

韓国から戻ってセミナーへ

一昨日の夜韓国から戻りました。
昨日は早速銀座のサンケイさんのセミナーへ行ってきました。
その様子をアメブロにUPしましたので、どうぞこちらからご覧になってください。

http://ameblo.jp/elisabeth1837/entry-11958445579.html
posted by ERIKO at 19:12| Comment(0) | 日記

2014年11月16日

生徒さん達の作品を

しばらく留守になりますので、
アメブロこれまで撮りためた生徒さん達の作品をまとめてUPしましたので
是非ごらんになっていただけましたら、と思います。
こちらのブログより、一層大きな画像で見られますので、是非〜〜!!
http://ameblo.jp/elisabeth1837/entry-11953132250.html


では行って参ります。
posted by ERIKO at 18:35| Comment(0) | 生徒さんの作品

明日から韓国に行ってきます

上海に住んでいた娘家族が、9月末に韓国に移りましたので

孫に会いに明日17日〜27日まで韓国に行ってきます。

初めての韓国、とても楽しみです。

お買いもの、コスメ、食べる事、韓流、どれもあまり興味のない私、何をしましょ?

ガイドブックは殆どこればかりなんですもの。

娘がドイツ人と結婚したら、ヨーロッパが遠くなりました〜〜

ヨーロッパに行きた〜〜い!!!



posted by ERIKO at 16:05| Comment(0) | 日記

2014年11月14日

スノードロップ

スノードロップは大好きなお花の一つなので、数年前に花壇に植えたのですが

最初は雪の下から芽を出して健気な表情が愛らしく、思わず微笑ませてもらっていたのですが

昨年から、なぜか今頃に咲いてしまうのです。

もっと深く球根を植えなければいけなかった?

とりあえず、せっかく咲いてくれているのだから・・・こんな感じに。
P1020410-002.JPG
posted by ERIKO at 13:16| Comment(2) | 日記

2014年11月12日

ドイツから・・・

しばらく前に届いたドイツのフルーツティが、美味しくいただける季節がやってきました。
キャンドルウォーマーに乗せて2杯目も暖かく、たっぷりといただきましょう〜♪
P1020396-001.JPG


Rosengarten (Rose garden) バラの花びらとブルーのお花は矢車草?
これまで飲んだドイツのフルーツティーは酸っぱいのが多いですが
これはドライフルーツが入っていて本当に甘いです。
P1020392-001.JPG


アメブロを始めてみました。PCで見てくださっているかたは大きい画像で見ていただけますので
ごらんになってみてください。
http://ameblo.jp/elisabeth1837
少しずつ慣れてきたら、そのうちアメブロに移行する予定です。







posted by ERIKO at 17:09| Comment(0) | 日記

2014年11月10日

“孫っち” のお洋服を縫いました

先日、途中経過を見ていただいた “孫っち” のお洋服が縫い上がりました。

お洗濯が楽なように綿の細コーデュロイでチュニックを。
カラフルなドットは、下に着るセーターをどの色にしても合いますよね?
P1020400-001.JPG



同じく細コーデュロイでジャンパースカートを。
この写真はお背中側です。ボタンが可愛いので後ろを撮ってみました。
リバティ風の落ち着いたブラウンなのですが、なかなか写真では色が出ないですね。
P1020401.JPG



下の写真は30年近くも前に縫って娘に着せていたものです。
綺麗に洗って大切に取っておいたのが孫が着るようなって、何て嬉しいことでしょう。
ツィードのジャンパースカートは裏地着きです。ポケットも奥まつりで縫い付け。
昔は凝って縫ったものです。今はもう無理。
背開きのワンピースは一列のボタンが可愛いでしょ?
昔はタイツを履かせていましたが、今はレギンス?かな?
P1020398-001.JPG



最近の子供服は、お店で見るのはどれも、いろいろと余計な物がくっ付いていてどうも好きじゃないです。
自分の子供たちにも漫画の着いたお洋服は着せたことがなかったです。
ドレメのデザイナー科の時に子供服のデザインの授業がありましたが
シンプルな服ほど、子どもの可愛らしさを引き出してくれるんですって!
今まさに共感出来ます。

でも流行遅れなのかな・・・?


下の写真、おまけです! 娘が提げて歩いたくまちゃんのバッグです。
背中がファスナーで開いて中に入れられるように作りました。
「私が使ったくまちゃんのバッグをリュックサックにして欲しい」と要望されたので、持ち手を取って背負えるようにリメイクしました。
P1020405-001.JPG



こうして昔娘が使ったものを、もう一度孫が使ってくれるようになるのはおばあちゃん冥利に尽きますね。
もう、すっかり<おばあちゃんモード>です




それから、もうひとつおまけ。 ってこのおまけが一番ポイント高いかも〜!
85歳の私の母(ヴォーグさんで資格を取ってずっと編み物の先生をしていました)が
孫(って私の娘の事☜なんだか混乱しますね 笑)と ひ孫にお揃いでカーディガンを編んでくれました。
P1020404-001.JPG


ミックス調の色合いが絶妙の野呂栄作の糸で。
一度は 「もう編み物はしない」と言ってすっかり止めてしまった母でした。
60年近くも編み物一筋、いつも見るのは編み物をしている母の姿でしたので
夏にひ孫のお洋服を編んだのをきっかけに「やっぱり楽しい、好き!」と
編み物を復活してくれたのが、とても嬉しいことです。

ひ孫の存在は大きいのですね〜〜


posted by ERIKO at 17:50| Comment(0) | 手芸

セミナー日程変更のお知らせ

12月6日に予定していました、アンジュさんでのプラバンセミナーが延期になりました。

アンジュさんがビーズその他のパーツをそろえてくださるのですが、それが間に合わないのと
アンジュさんのニュース発行が遅れる事との2点の事情で
延期となりました。申し訳ありません。

お申込みいただいている皆様にはアンジュさんから直接ご連絡が行っていると思います。

下記、新たに決まりました日程です。

プラバンで作る <コスチュームジュエリー>
リボンネックレスですので、長さが自由に調節出来ます。
P1020285.JPG


P1020286.JPG


日にち:2015年1月31日(土)

場所:アンジュ東中野本店
受講料:6,480(税込)
お申込み:03−5337−5791
材料費:決まり次第お知らせいたします

12月でご都合の付かなかった方も、ご参加いただけましたら嬉しいです。
この作品の後にもう少し複雑なでゴージャスなデザインを予定しています。
プラバン成形とパーツの組み立てが意外と難しいので
この作品で手慣らしをしてみてはいかがでしょうか?

ちょっとお恥ずかしいですが、少しだけ手持ちの服でコーディネイトをしてみました
シンプルなスタイルが好きなので、こんなのしかないのですが・・・

ラメにブルーが入ったミックス糸のタートルにスエード調のスカートを合わせて
普段着スタイル
(このスカートはもう14年くらい履いています)
P1020339-002.JPG


アンゴラの濃紺の半袖セーターにアイボリーのプリーツスカートで。
パールのネックレスと重ね着けをすれば、ちょっと改まった場所にも良いでしょうか…?
(このスカートもやはり10年くらい)
P1020345-001.JPG


白いシャツに綺麗目デニムで、黒の高いヒールのパンプスを履いたら大人のコーディネイトに
(高いハイヒールは持ってないんですよねぇ、もう怖くて履けなくなってしまいました)
P1020346-001.JPG


もっとぐっとラブリーなスタイルにも良く合う事と思います!
貴女ならではのおしゃれを楽しんでください。
posted by ERIKO at 15:47| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年11月05日

サンケイさん1月のセミナー

「FAITH」「HOPE」「LOVE」
サンケイさんのセミナー日程が決まりました。
2015年1月10日(土)
です。
P1020302-001.JPG

詳細は、後程改めてご案内いたします。

FAITH=信仰(信じること)
P1020307-001.JPG


HOPE=希望(希望を持ち続けること)
P1020308-002.JPG


LOVE=愛(愛すること)
P1020309-002.JPG


聖書の大切なキーワードを香水瓶に込めた作品3枚を1日で描きます。
まだ少し先になりますが、ご予定に入れていただけましたら嬉しいです。





posted by ERIKO at 12:56| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年11月03日

お待たせいたしました!!

オーチャードの皆様へ。
だいぶ前から「この作品を描きたい」とのご希望をいただいていた2作品、
お教室で描いていただくことが出来ます。
すっかり遅くなってごめんなさい・・・ようやく図案が完成しました。

いつも通り色を変えたい場合はアドバイスをさせていただきますので、お好きな色で描くことが出来ます。

オーストリアのドナウ川沿い、古城の建つ小さな街「デュルンシュタイン」をお散歩する
民族以上の少女です。
P1020383.JPG


P1020384.JPG


黄色いバラは花びらがいっぱいのオールドローズと、アイアンフェンスを描きます。
P1020387.JPG



こちらもオーストリア。 
ドイツとの国境の街「シェルディング」で写した写真からデザインを起こしました。
うっすらと雪が降ったクリスマスへと 想像を膨らませながら楽しんで描いてください。

P1020388.JPG


アイアンの看板もあちらで写した写真から描きました。
P1020389.JPG


細かいのがお好きな(?)オーチャードの生徒さん達にはたっぷりと、
楽しんで描いていただけることと思います。
クリスマスカードや、ショップタグをロマンチックにアレンジしました。
P1020390.JPG


これからもトールの楽しさをお教室でご一緒に味わっていただけましたらと思います。
posted by ERIKO at 13:15| Comment(2) | お教室

2014年11月02日

「美女と野獣」を観てきました

実写版「美女と野獣」初日ということでとても多くのお客様が入っていました。

IMG_3210.JPG


ドイツのスタジオに造られたとは思えない見事な古城は見ごたえがありました。
ドイツ旅行であちこちの古城を巡ったので、往時の暮らしぶりを見る思いがして
楽しく夢心地で見たのでした。

衣裳が、又、素晴らしい!! ベル自身が着る何着もの衣裳は勿論ながら
他の登場人物の衣裳も凝っていてさすがフランス制作という感じですね。
野獣がまだ姿を変えられる前の時代は中世のファッションで
最後のシーンでベルが身にまとうのはナポレオン帝政時代のハイウエストのスタイル
オードリーヘップバーンも「戦争と平和」着ていましたね。

とこれが、背景、衣裳は素晴らしく堪能できたのですが
肝心の内容は、せっかくフランスで制作された映画にもかかわらず、まるでアメリカ映画。
最近の風潮に乗ってこれでもかとCGを見せるばかり・・・
地面が突然盛り上がって巨人になったり木の根っこがにょろにょろと城を覆いつくしたり・・・
個人的には、もっと素朴でも良いので細やかな演技や丁寧に手で造られた映画が好きです。
ベルは強くて好奇心旺盛の最近の女の子として描かれていますし、
ベルの恐れから愛に移っていく心の変化や、野獣の目の奥にある哀しみの表情などは
あまり画面からは感じ取ることはできませんでした。
だからじ〜んと来るという感じがないのです。

この辺りは実写版として造られたこちらよりも、むしろディズニーアニメの方が
良く表わされていると思います。

と、これはあくまでも私個人の(隣で観ていた夫も同感ですが)感想ですので
悪しからず。

でもそれでも、やはり古城&衣裳は、素敵!!
アントワネットの時代ロココのきらびやかさ、軽やかさとは違ったヨーロッパの古い時代がお好きな方は、やはりご覧になると良いと思います。

posted by ERIKO at 10:04| Comment(0) | 映画のこと