2014年09月20日

プラバンコスチュームジュエリー 自宅セミナー

昨日、ご案内しました自宅セミナーは定員となりましたので、募集を終了させていただきます。

お申込みいただきました皆様、ありがとうございます。

ご一緒に素敵なアクセサリー作りが出来ますように、一生懸命にご指導させていただきます。

どうぞ楽しみになさってください。
posted by ERIKO at 09:52| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年09月19日

プラバンアクセサリー自宅セミナー

先日ご案内しましたプラバンで作るコスチュームジュエリーの準備が着々と進み型紙も完成しました。

トールの絵具、トールの技法を使ったテクニックをお教えいたします。

P1020292.JPG


私は先日、歌舞伎鑑賞にも付けていきました。
これからのシーズン、パーティや、少し早いですがお正月のお出かけなどにも活躍してくれることと思います。

アクセサリー材料のお店やリボンのお店などをいくつか回って揃えていくのですが、これがトールの準備とは又違う、なかなか楽しい作業なのです。

P1020310.JPG


お店の定員さんにも「プラバンだなんて信じられない!! 素敵ですね〜」とおっしゃって褒めていただきました。

そこで、折角ご自分で作るアクセサリーなのだから

“なるべく個性を出してさしあげたい!”
“沢山の人がしていないアクセサリーにしましょう〜!!” と考えて

ひとつの石だけ、お好きなスワロを選んでいただくことにしました。

P1020312-001.JPG


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ほぼ満席なのですが、10月23日のみ一名、お席が空いております。

ご都合が着くようでしたら是非ご参加ください。お待ちしております。
(トールの先生もお申込みいただいております)

コーディネイトの提案、お申込み詳細など、こちらをごらんください。
http://orchard-house.sblo.jp/article/103282773.html





posted by ERIKO at 17:50| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年09月06日

プラバンで作るコスチュームジュエリー 自宅セミナー

先日見ていただきましたプラバンのリボンネックレスが、とても評判が良くて「作りたい」とのお声を
沢山いただきましたので、急遽セミナーを行う事になりました。

と言っても、細かく丁寧な手仕事ですし、お手伝いもして差し上げたいので
ごく少人数制の自宅セミナーとします。

<ミステリアスシルバーのリボンネックレス>

P1020292.JPG


クリスマス、ニューイヤーシーズンに活躍してくれるとてもおしゃれなネックレス☆
「自分で作ったのよ。それもあのプラバンで!」と言ったらお友達が
ビックリなさると思います。

☆グレイッシュピンクのセーターやウールのコートと合わせたら素敵!
☆黒のシンプルなワンピースに・・・
☆ウィンターブルーのツインニットに・・・
☆ベージュのブラウスにブラックのタイトスカート・・・
☆シルクのアイボリーのブラウスにペンストライプのメンズライクなパンツとも相性が良さそう〜♪
☆コーヒーブラウンのジャケットなんかも良いですねぇ

ということで下記をご覧になってください。

日時:@10月7日(火)10時〜16時
   A10月23日(木)10時〜16時
   B12月4日(木)10時〜16時
定員:各日5名
場所:自宅(千葉県松戸市)
受講料:¥6000(税なしです)
材料費:¥2500
    (事前に各自で¥100均一ショップのプラバンを購入していただき簡単な下準備が必要となります)
パーツ組み立て加工費:¥500
※プラバンのお花が仕上がったら即つなげられるように、こちらで事前にビーズ他のパーツを組み立ていたし ます。
※ご自分で組み立てをなさる場合は加工費は不要ですので、お申し出ください。
 
P1020289.JPG


お申込み順に受付をさせていただきますので、
・ご希望の方は日にち(@〜B)
・お名前
・連絡先(携帯又はご自宅の電話)番号
をご記入になって下記のアドレスからお申込みください。


トールペイントのテクニックを少しだけ取り入れていますが、トールの経験のない方でも
出来ますので、是非ご参加ください。
posted by ERIKO at 13:31| Comment(3) | セミナーのご案内

2014年09月05日

花子さんの面影を追って甲府へ

朝ドラ、終盤にさしかかりましたね。

原作「アンのゆりかご」を2度読み、銀座教文館の「村岡花子展」も観て
どうしても甲府にも行ってみたくなり、昨日、生徒さんと二人で花子さんの面影を追って甲府に行ってきました。

5歳で東京にお引越しなさったのだから、あまり“面影”は期待しないほうが、、、
と言いつつもあずさ5号に乗って、遠足気分ではしゃぐ私達。
IMG_3053.JPG


駅校内の観光案内で<花子の過ごしたまち>というそれらしいチラシをもらって
ワクワク♪ さて街歩き開始。途中で花子さんとツーショット!?
IMG_3055-001.JPG


パンフレットにある市役所の展示コーナーは、たいした事がなくがっかり・・・

それよりも、古い建物好きの私たちは思わず県議事堂へと足が向いて。
IMG_3056.JPG


ガードマンさんの許可を得て中へ・・・
アールデコ様式の
階段と
IMG_3057.JPG


天井の照明の意匠
IMG_3058.JPG

大理石の壁を触ったりしてニヤついた変なおばさん二人でした(笑)
やはり古い洋風建築は、魅力があります。

この建物の脇では大規模な保存の為の工事がなされていて、それには感動しました。
古い貴重な建築物を大切に保存し、且つ活かして欲しいものです。



駅の反対側にある藤村記念館。
IMG_3060.JPG

明治期の花子さんが育った甲府の街には、こうした擬洋風建築が沢山建っていたのが
ほとんどが空襲で破壊されてしまったのだそうです。
とてももったいないです。見てみたかったですね。

そうした街並みが<甲州夢小路>として再現されて
ちょっとした観光とお買い物や、お食事が楽しめるようになっています。
IMG_3066.JPG

IMG_3069.JPG

IMG_3067.JPG


夕方になってライトアップされた<夢小路>
IMG_3105.JPG


IMG_3109.JPG


花子さんが先生として過ごした山梨英和女学校
IMG_3078.JPG


学校の近くにある大正6年創業のワイナリー。
IMG_3072.JPG

地下のワインセラーは貸切で見る事が出来なくてとても残念でした!
IMG_3076.JPG


花子さんが洗礼を受けた日本基督教団の教会も立ち寄ってみたのですが
「結局、やっぱりあまり花子さんの面影は残ってないわね〜」と言いながら
最後に山梨NHKへ。

様々な展示に心がときめきます。
IMG_3094.JPG


テンションが上がったところで花子さんと、又2ショット!!(笑)
IMG_3079.JPG


こんな光景、とても好きなシーンでした。
IMG_3096.JPG


花子さんが着けたおリボン。明治の女学生になってみたいですね〜
IMG_3090.JPG


修和女学校の見取り図。
IMG_3095.JPG


冒頭シーンで飛んでいく麦わら帽子
IMG_3089.JPG


英治さんからいただいた愛用の辞書(花子さんご自身のではなくて撮影で使われたものです)と
「Anne of Greengables」
IMG_3093.JPG


英治さんが描いた挿絵。本当の当時の本のように見えるから凄いですよね。
IMG_3092.JPG



ここからは撮影シーンの写真展示を私が携帯で写したものです。
実際のセットは韮崎にあるそうです。
※フェイスブックで「良いね」をくださった皆様、もしかしたらこの現場に実際を見たのだと
思っていらしたらごめんなさい。
IMG_3086.JPG


学校の図書室
IMG_3087.JPG


寮のお部屋
IMG_3088.JPG


「NHKは一番面白かったかも〜(笑・笑!!!)」ということで
気を良くしてこんな楽しいこともしてみました。
IMG_3100.JPG

IMG_3102.JPG


帰りのあずさを待ちながら駅ホームで食べた *信玄餅アイス* そのままアイスになったという感じで
これは最高に美味しかったです。
IMG_3111.JPG



村岡花子さんが訳した本は、赤毛のアンばかりではなくて、子育てをしたお母さんなら
きっとどれかしらを手に取ってお子さんに読み聞かせとしたのではないかと思います。
IMG_3099.JPG

これだけではなくて、まだまだ他にも、沢山あります。
家庭で読む良書が無かった時代に、それを懸命に作った花子さん。
その功績は偉大ですね。
私達も、知らない内に、どこかしらで彼女のお世話になっているという事ですものね。

※舞鶴城の城跡も見たし、県立美術館でミレーの「種まく人」も観たんですよ。
 日帰りで一日たっぷりと遊んだ私達でした。





























posted by ERIKO at 20:45| Comment(2) | 日記

2014年09月03日

プラバンでアクセサリー コスチュームジュエリー風

先日のプラバンアクセサリーに引き続き、第2作品目、今度はシルバーグレイトーンで
作ってみました。

今回もお花は「クライネ・ブルーメン」のお花を立体に仕立てています。

ドイツ・バンベルクのリトグラフに置いて写真を撮ってみました。

P1020292.JPG


クリスマスからニューイヤーシーズンにかけて活躍してくれそうな大人っぽいイメージに仕上がりました。

初めは “ブラックで作りたい” と思ったのですが、シルバー〜グレイトーンの方が合わせるお洋服の幅も広いですし、

ブラックよりもおしゃれではないかしらと、仕上がりに満足しています。

ニッパやペンチを使って組み立てていく作業は、不慣れな私にはとても難しかったですが、
大分慣れて上手になってきました。

P1020289.JPG



☆グレイッシュピンクのセーターやウールのコートと合わせたら素敵!☆

☆黒のシンプルなワンピースに・・・

☆ウィンターブルーのツインニットに・・・

☆ベージュのブラウスにブラックのタイトスカート・・・

☆シルクのアイボリーのブラウスにペンストライプのメンズライクなパンツとも相性が良さそう〜♪

☆コーヒーブラウンのジャケットなんかも良いですねぇぇ



なんて、イメージは限りなく広がりますが・・・どれも持っていない、、、(涙)
第一タイトスカートは似合わない(というより履けない)
パンツも足が短いし・・・(笑)

でもおしゃれはイメージするだけでも十分楽しい♪

それにしても、プラバンがクラフトの域を超えて、ここまでおしゃれに楽しめるとは
20年前に我が子たちが遊んでいたころは、想像もつかなかったですねぇ。


posted by ERIKO at 14:30| Comment(0) | 作品