2014年07月29日

クライネ・ブルーメン受講票

kleine Blumenセミナーの受講票を作りました。 今どき、アナログに手描きです。。。(笑)
P1020244.JPG

クライネ・ブルーメン・マーレライのセミナーでは3回受講毎に、
お描きになった3作品がティーチングフリーとなります。
(欠席した方は完成作品をお見せいただいた時点でスタンプを押します)

8月の自宅セミナーからお配りいたします。
http://orchard-house.sblo.jp/article/100994001.html

続く8月のサンケイさんのセミナーでも、お配りいたします。
http://orchard-house.sblo.jp/article/99364946.html

これまでにクライネ・ブルーメンのセミナーを受講なさった方は、その分も合わせてスタンプを押しますので
お申し出ください。

楽しく描けて、素敵なペイントをお教室でもお楽しみいただけましたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。



posted by ERIKO at 14:46| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年07月28日

思い出のマーニー

先々週の土曜日、公開初日の「思い出のマーニー」を観てきました。
初日のせいか割とお席は埋まっていましたね。

ewDsa.jpg


ジブリ作品は特に好きなわけでない、言いながらこのところ
「ハウル…」「ゲド戦記」「借り暮らし…」コクリコ坂」「風立ちぬ」と続けて観てきたのですが、
私の中では、どれもいまひとつぐっとくるものがなくて期待外れで来ていた気がします。

でも今回の「思い出のマーニー」は、始まりから終わりまで飽きることなく
ストーリーも背景画像も隅々まで堪能しました。
先ず“古い洋館”というのが、私にはツボです。
そのお部屋のインテリアも興味がそそられますし、その部屋の住人である少女の持ち物に至るまで
昔おばあちゃんの家に行ったときに、使わなくなっていた洋室に入り込んだような、懐かしい匂いがしてきそうなそんな感情がこみあげてくるのです。

ストーリーは、これからご覧になる方の為に、書かないでおきますが
大人ならだれでも持っている自分自身の内面のマイナーな部分との対話で
変えられていく ある意味ではインナーヒーリングにも通ずる、深い内容も込められていると思います。

夏休みの子供向けというよりは、むしろ昔子供だった大人が観るにふさわしい映画ではないかしらと思いました。





posted by ERIKO at 13:45| Comment(0) | 映画のこと

2014年07月21日

ラウル・デュフィ展

渋谷Bunkamuraで開催中の「デュフィ展」を観てきました。
10568739_914479171912663_2034458056_n.jpg


ラウル・デュフィとても好きな画家の一人です。
マティスの鮮烈な色彩とも違い、色彩の魔術師と言われるシャガールの
幻想的な雰囲気とも違う、軽やかな色のセンスと音楽的なイメージがします。
デュフィの色と構図はインテリアでお部屋に飾りたい作品です。

音楽をテーマにした作品も多く手掛けていますが
Dufy_concert.jpg


そうではない作品も、観ていると色が奏でるメロディが聴こえてくるような美しい色彩に
自然と心が軽やかになるのです。
デュフィには無彩色の黒でさえ、色”として見ているのです。
dufy_2.jpg


img10395507431.jpg


今回の展示ではパリ万博を飾った10m×60mという巨大な壁画「電気の精」はその習作が
展示されていましたが、この実物はどんなでしょう・・・?観てみたいものです。
人類の英知と発展を賛美したこの作品、この万博当時は人類の未来は限りなく発展し続ける夢を
見ていたのでしょう。
art_Musee-dArt-Modern-Paris-421.jpg



dufy_2.jpg


明るい色彩と軽やかなタッチ、どこか都会的なおしゃれな題材。
その中でも特に好きな絵は「モーツアルトに捧ぐ」というこの絵なのですが
今回の展示ではこれを観ることはできませんでした。残念、、、
b0209886_832359.jpg


常に明るい方を向いて行く画家、戦争のさ中でも苦しみよりは、命の賛歌を
描いた画家、そんなところにも私が惹かれる理由のひとつがあります。

2009年にも同じ画家の展示を観たときのブログです。観方はあまり進歩していない私のようです(笑)
http://orchard-house.sblo.jp/article/29296543.html






posted by ERIKO at 21:06| Comment(0) | 美術のこと

2014年07月19日

クライネ・ブルーメン カリキュラム作品

自宅教室用のKleine Blumenカリキュラム作品です。

P1020237.JPG


ゆっくりペースで “生徒さんごめんなさい” ですが・・・

皆さんも、のんびりさんばかりなので、赦してくれるかな・・・?多分許してくれる(笑)

お教室では、どの作品も自由色で描けるようにアドバイスをしていますので

この作品も ‘グレー地にピンク’ ‘黒地に大人ベージュ’ ‘パープル地にホワイト

ローズ’なんていうのも良いかも♪ とイメージするだけで楽しくなります。

素材は、もうかれこれ20年くらい前にスイスで購入した物を

アンジュさんで同じ形に作っていただき、今はカタログに載っている定番となっています。

この形がとても好きなので、これでいくつか作ってみましょうか♬
posted by ERIKO at 10:49| Comment(0) | 作品

2014年07月16日

クィーンローズの描きかた

ペイントフレンドVol.19に掲載作品にあるクライネ・ブルーメン・マーレライの
クィーンローズは極細丸筆+少しのS/Lで描いています。
上部にある一輪のバラです。

P1010546.JPG


これまで私が長いこと描き続けてきたアンギュラーで描くダブルローディングのバラとは
全く異なる手法です。

簡単で楽しく描くことが出来るバラなので、是非、皆様にも楽しんでいただきたいと思います。

このバラの描きかたは、名古屋店・銀座店サンケイさんのセミナー作品にも取り入れてありますので
ご参加なさって、描きかたを覚えてください。
P1010338.JPG
P1010339.JPG


サンケイさんのセミナーは拙ブログのこちらで詳細はこちらです。
http://orchard-house.sblo.jp/article/99364946.html
セミナーでは、その作品で描く全てのお花の分かりやすい図解テキストをお配りいたしますので
これに沿って描けば、だれでも簡単に描けてしまいます。
P1020238.JPG

クィーンローズの他にも10数種類のお花達を描きます。

サンケイさんのサイトから、直接お申込みいただけますので、こちらをご覧になってください。
名古屋店 http://www.sun-k.co.jp/seminar/8800/
銀座店 http://www.sun-k.co.jp/seminar/8714/

皆様とご一緒に、小さなお花達をたっぷりと描けるのを楽しみに心からお待ちしております。








posted by ERIKO at 13:39| Comment(0) | セミナーのご案内

2014年07月11日

ペイントフレンドが発売になりました

ペイントフレンドVol.19が発売になりました。
こちらの作品を掲載していただいています。

kleine Blumen(クライネ・ブルーメン)で描いた時計とベルです。

一番上のバラも極細丸筆で描いています。
P1010546.JPG

素材はチェリービーンズさん が、ご提供くださいました

10484710_907556592604921_486697986_o.jpg

是非書店でご覧になってください。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
バラがテーマでしたので、
「Zeit für Rosen」=Time for Roses の意で時計にベルという設定で
描いたつもりだったのですが
編集部の方でコメント Zeit für=時間のため(独)と添えてくださいました。
私が編集部の方に、もっと丁寧にひとことを添えれば良かったのに、説明不足で申し訳なく
反省です。
posted by ERIKO at 09:58| Comment(2) | 作品掲載誌

2014年07月02日

自宅セミナーのご案内

一年に一度の自宅セミナーのご案内です

<ミニトートバッグWithロゼット>

今流行っているロゼットを着けて手作り感を出してみました。


素材はお好きな素材をご用意して図案を拡大してお使いいただけます。

色もお好みの色に仕上がるようにアドバイスさせていただきますので

貴女だけの素敵なオリジナルバッグを仕上げてください。

*バッグ以外の素材も歓迎です!!*

P1010405.JPG



お花は「Kleine Blumen Malerei(クライネ・ブルーメン・マーレライ)」スタイルで描きますので

初心者の方でも簡単に描けます!!



ロゼットの香水瓶はスタンプでなはく手描きです。

ラインでデッサンするタッチで描きますのでとても簡単です。

P1010412.JPG


ロゼットの仕立て方もお教えいたしますので、リボンはご自分のイメージに合わせたものを

探してお楽しみください。
※アドバイスさせていただきます。

<日程>
8月1日(金)・7日(木)・21日(木) 10:00〜16:00

<受講料>
¥6.000 
一日で終わらない場合は追加で他の日にご参加いただけます(費用は実費と茶菓代¥500です)

<素材>
各自でご用意ください (見本の素材はサンケイさんのものです)

夏の一日を我が家に遊びにいらっしゃる気分で、どうぞお気軽にご参加ください。

皆様のご参加を楽しみにお待ちしております。


お申込みをいただく方は
 TOPページhttp://orchard-house.sakura.ne.jp/lessonhq.htm
「左枠」の“コンタクト”又は 本部教室の電話番号(FAX共通)から 

お名前・ご住所・連絡先(携帯、PCのアドレス・ご希望の日にちを明記して

ご連絡ください。

追ってメールにて詳細を返信させていただきます。


〜*〜*〜*〜*〜〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


このお花のペイントを「Kleine Blumen Malerei(クライネ・ブルーメン・マーレライ)」と名付けました。

小さな花達のペイントという意味です。

略して「クライネ ブルーメン」と呼んでペインターの皆様に親しんでいただけましたらと幸いです。

決まった順序に従って描いていけば誰でも簡単に描けるペイントです。

ベース塗りがなく、シェード&ハイライトもS/Lではないので一気にかけてしまうとても素敵なお花達です。

細い丸筆(3/0、1号等)一本で描く小さなお花達ハーモニーを存分にお楽みください。

※マーレライとは特別なトールペイントの様式の事ではなくドイツ語で絵画、絵付け全般を示す言葉です。
posted by ERIKO at 09:45| Comment(3) | セミナーのご案内

2014年07月01日

ペイントフレンドVol.19

間もなく、ペイントフレンドVol.19が発売になります。


19表紙作品は井川恵美先生の「Anne of green gables」です。

S3807_cover.jpg


巻頭は人気の高い「バラ」のテーマ。

好評連載Girl's storyは話題の「赤毛のアン」。

他にはリクエストの多い「動物」をとり上げます。

新連載「Let's Try !」では毎回ペイントに近いクラフトを紹介していきます。

1回目の今回はウッドバーニングが登場します。



レディブティックシリーズ3807

ペイントフレンドVol.19


定価 本体1111円+税

2014年7月10日発売



〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

合わせて下記日程で作品展示も行われます。

掲載作品を実際にご覧になることができますので、是非足をお運びください。

<ペイントフレンドコレクション19>

会期:2014年7月28日(月)〜8月9日(土)

    9:30〜17:30(初日は12:00から、最終日は16:00 まで)

会場:クラフトアートギャラリー 銀座ソレイユ
   
    東京都中央区銀座1−6−2 銀座Aビル  TEL03-3561-6041


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

私もバラの作品を描かせていただきました。

「Kleine Blumen」で描いた、爽やかなイメージの作品です。

以前のダブルローディングのエレガントなバラとは大分雰囲気が違っていますので

是非ご覧になっていただければと思います。




posted by ERIKO at 09:53| Comment(0) | お知らせ